ネットワーク型HDD完全消去ソリューション

Secudrive Sanitizer Enterprise

Secudrive Sanitizer Enterpriseは、数台のPCを同時に、遠隔で削除することができ、
削除状況をリアルタイムでモニタリングできる
ネットワーク型のHDD完全消去ソリューションです。

製品概要 -Overview-

専用のクライアントプログラムをダウンロード後、完全消去作業が開始。管理者コンソールより、遠隔で複数のPCで同時に消去することができます。また、遠隔削除の際、CD-ROMやUSBメモリでのブートが必要なく、PCを再起動後、完全消去作業が自動的に開始されます。ブートしないPCを消去するには、CD-ROM/USBで起動したり、PXEネットワークブートを使用して、ハードディスクを削除することができます。

 ATA/IDE, SATA, SCSI USB, FireWireなど様々なハードディスクドライブの完全消去に対応
PC情報、HDD情報、消去削除情報に関する詳細ログと消去報告書が生成され、削除ログをIT資産管理システムへ統合が可能です。また、ブートディスクを変更せずにリモートでデータを削除できるので、すべての削除作業をリモートでモニタリングすることができます。

なお、ユーザーPCで実行中の消去作業をリアルタイムに確認でき、PC情報、HDD情報、消去削除情報(消去開始時間/消去終了時間)を管理サーバーへ管理。PCの完全消去作業ににおいて、セキュリティ規定に順守しているか監視することができます。 


管理者から遠隔でリアルタイム消去

通常、システムのハードディスクの削除時において、インストールされたハードディスクなどすべてを削除するには、ブートディスクを変更する必要が発生しますが、ブートディスクを変更するためにはブート順序を手動で変更しなければならず、BIOS環境では遠隔操作ができません。データを削除をしなければならないPCが多い場合、極めて非効率的な作業となります。ネットワーク型HDD完全消去ソリューション「Secudrive Sanitizer Enterprise」は、ブートディスクを変更せずにリモートでデータを削除できるので、すべての削除作業をリモートでモニタリングすることができます。

管理者サーバーにMSIファイルをインストール後、管理者がリモートで削除作業を実行したり、ユーザーが直接削除作業を実行することが可能。ブートできないWindows、Mac、Linux OSの場合は、CD-ROMやUSBで起動したり、PXEネットワークブートで起動し消去することができます。

機能/特徴 -Major Features and Benefits-

複数のPCを同時に完全消去

  • 消去対象PCにクライアントプログラムをダウンロード後、実行すると、完全消去作業が開始。複数のPCで同時に作業することができます。

無人モードでリモート削除

  • Active DirectoryのGPO(グループポリシーオブジェクト)により、MSIファイルをインストールした後、管理者コンソールで複数のPCを同時に無人モードで完全消去することができます。

CD/USBブートが不要

  • リモート削除の際、CD-ROMやUSBメモリでのブートが必要ありません。リモート削除を実行し、PCを再起動後、完全消去作業が自動的に開始。
  • ブートしないPCを消去するには、CD-ROM/USBで起動したり、PXEネットワークブートを使用して、ハードディスクを削除が可能。

数多くの完全消去アルゴリズムを採用

  • ATA/IDE, SATA, SCSI USB, FireWireなど様々なハードディスクドライブの完全消去に対応。

様々なディスクドライブに対応

  • 米国国防省標準の完全消去アルゴリズムである、DoD 5220.22-Mを採用し、3回、7回、35回オーバーライトが可能。その他、国際的に認証された数多くの削除アルゴリズムに準拠。
  • one pass zeros, one pass random, US DoD 5220.22-M, US DoD 5220.22-M(ECE), US DoE M205.1-2, Canadian OPS-II, Canadian CSEC ITSG-06, German VSITR, Russian GOST p50739-95, US Army AR380-19, US Air Force 5020, British HMG IS5 Baseline, British HMG IS5 Enhanced, Navso P-5329-26 RL, Navso P-5329-26 MFM, NCSC-TG-025, NSA 130-2, Bruce Schneier, Gutmann, NIST 800-88, Australian ISM-6.2.93

操作ログの保存/消去報告書生成

  • 実行された消去レポートは、PC情報、HDD情報、消去削除情報(消去開始時間/消去終了時間)などの詳細な内容について、CSV、PDFファイル形式で管理することができます。
  • 生成されたログとレポートは、IT資産管理にて統合管理することができます。

導入方法 -Use Cases-

PCのディスク削除作業をサーバーからモニタリング

 

  • ハードディスクの削除作業状況をサーバーからリアルタイムでモニタリング。
  • ディスク削除作業ポリシーを管理者が設定でき、削除作業結果をログとして保存。消去報告書(PDF)を作成することができます。

管理者がリモートでディスクの削除作業を実行

 

  • 遠隔で削除を実行することができます。
  • 管理者プログラムより、リモートで削除を実行すると、消去状況をリアルタイムでモニタリングすることが可能です。

新しいPCを支給する前に、ユーザーに直接PCデータを削除させたい

  • PCの台数が多い場合、データの削除作業時間が長くなることから、ユーザーが直接データを削除した後、PCを返却。新規PCの取り換え作業にかかる時間とコストを削減することができます。

製品仕様 -Technical Specifications-

製品構成

  • Secudrive Sanitizer Enterprise Managerプログラム
    サーバーにインストールするプログラム。ユーザーの消去作業状態と、消去ログを確認します。
  • Secudrive Sanitizer Enterprise Client MSIプログラム
    消去対象のPCにインストールするプログラム。PCにこのプログラムをインストールすると、管理者がリモートで消去を開始することができます。
  • Secudrive Sanitizer Enterprise Clientプログラム
    ユーザーがPC消去時に実行するプログラム。ユーザーはPCでこのプログラムを実行して完全消去作業を開始します。
  • マスタートークン
    ライセンス情報が保存されたUSBトークン。Secudrive Sanitizer Enterprise Managerプログラムがインストールされたサーバーに接続します。

システム動作環境

  • Managerプログラム
  • Windows Server 2016 / 2012 / 2008(各64ビットに対応)
  • Clientプログラム
  • Windows10(各32ビット、64ビット対応)
  • Windows8、8.1(各32ビット、64ビット対応)

デモ動画 -Instructional Videos-

遠隔消去
USB/CD起動からの消去
Nativeモードでの消去

Linuxモードでの消去

事例紹介 -Case Study-

業種: 流通(S社)

会社規模: 従業員数約2,000名
導入製品: Secudrive Drive Eraser

導入前における課題、背景: Windows10移行に伴い、数千程度のPCのHDD消去が必要となったが、消去対象となるPCが大量にあることから、データの削除作業時間が長くなることを懸念。あわせて、社内での消去作業の周知ができず、効率的なHDD消去を模索。

解決策及び導入効果: ユーザーに消去に必要なライセンス(Secudrive Drive Eraser)が入ったUSB型なので、消去すべきPCをUSBを挿すだけで、簡単に削除が可能。また、情報システム担当者でなくても、削除実行できることで、業務時間が大幅に短縮。