デバイス制御 -エンドポイントセキュリティ-

Secudrive Device Control

PC端末からのエンドポイント経由でのデータ漏洩を防ぎ、
USB、CD-ROM、Bluetooth、シリアル/パラレル、IrDA、Wi-Fiなど、
PCへのさまざまなアクセスポートを制御

製品概要 -Overview-

PCのUSBポートに接続されるUSBメモリ、CD/DVD、SDカード、HDD、スマートフォン、タブレット端末のほか、Wi-Fi、Bluetoothなどの外部デバイスを制御するセキュリティソリューションです。各デバイスに対して、「遮断」、「読み取り専用」、「許可」など権限を設定することで、機密情報漏洩を防止します。

管理者PCにManagerプログラムをインストールし、管理対象となるクライアントPCにAgentプログラムをインストールします。また、ログは別途DBサーバーで管理することにより、効率的なデバイス制御が可能です。AgentプログラムがインストールされているクライアントPCで使用されるデバイス使用ログを取得。PCに接続されているデバイスの詳細情報と接続/解除など詳細履歴を収集します。また、読み取り、書き込み、作成、削除など詳細なファイル操作ログも取得することができます。

機能/特徴 -Major Features and Benefits-

USBデバイス制御

  • 使用、管理するUSBドライブを登録します。 作成、読み取り、編集、コピー、削除、名前変更などのUSBアクセスログとファイル操作ログをリアルタイムで監視します。

スマートフォンのPC接続制御、MTP/PTP対応

  • スマートフォンをPCに接続した際、MTP/PTPモード、テザリング、リムーバブルディスク、スマートフォン専用管理プログラムによる通信を遮断します。

無線AP制御機能

  • 管理者が許可した無線アクセスポイントにのみ接続させることができ、外出先にある無料Wi-Fiの使用を禁止させることが可能です。

各種PC周辺機器のポート制御

  • 管理者が許可したデバイスのみ使用させることができ、ネットワーク、Serial、Parallel、Bluetooth、IrDA、CD/ DVD、IEEE1394などのポートを制御することが可能です。

リアルタイムでのモニタリング機能

  • PCに接続されたデバイスをリアルタイムで監視、ファイル操作ログをモニタリングできます。また、ファイル名変更、削除、読み取り、書き込み、移動、作成、コピー、切り取り、貼り付けに対するログ収集が可能です。

製品仕様 -Technical Specifications-

Secudrive Device Control Enterprise
統合管理型デバイス制御プログラム

Secudrive Device Control Basic
USB型デバイス制御プログラム

製品構成

サーバー、クライアントPC

USB

デバイス制御

ファイル操作ログ

統合管理

仕様

Manager: Windows Server 2012, 2008 (32 bit/64 bit). Agent: Windows 10, 8.1, 8, 7. Windows Server 2012, 2008 (32 bit/64 bit)
Supported OS: Windows 10, 8.1, 8, 7 (32 bit/64 bit). Interface: USB 3.0, 2.0 Capacity: 8 GB

導入規模

大企業/中堅・中小企業 (クライアントPC:~10,000台)

中堅・中小企業 (クライアントPC:~50台)
工場内での産業用PC