PCのデータと情報漏洩をゼロにする

PC端末にはデータを残さず、デスクトップにあるファイルはストレージやサーバーに強制移行させることで、社内にある機密データの漏洩を未然に遮断。ファイルのコピー、印刷、キャプチャー、ネットワーク転送などを制御することで、社内の機密データの漏洩を防止

セキュアな環境で機密情報を共有していますか

SECUDRIVE File Serverは共有フォルダからのデータ流出を防止するファイルサーバーセキュリティプログラム。PCへのコピー、印刷、画面キャプチャを防止し、安価なセキュリティファイルサーバーとして情報漏洩を防止します。

セキュアなUSBで機密情報を保護していますか

SECUDRIVEのUSBデータプロテクトソリューションは、シンプルなセキュリティ機能を有するものから、情報漏洩防止(DLP)機能が備わったもの、複数のUSBメモリをリモートで統合管理できるものまで、多種多様なラインナップにて取り揃えております。

SECUDRIVE File Centralization

PC端末にはデータを残さず、デスクトップにあるファイルはストレージやサーバーに強制移行させることで、社内にある機密データの漏洩を未然に遮断。ファイルのコピー、印刷、キャプチャー、ネットワーク転送などを制御することで、社内の機密データの漏洩を防止。

SECUDRIVE File Server

ファイルサーバーに保存された機密情報が社外に流出しないように安全に防止。ローカルPCやUSBメモリへの保存や印刷、画面キャプチャー(スクリーンショット)を禁止。

SECUDRIVE USB

USBメモリ内に保存されているファイルの流出を防ぐ情報漏洩防止(DLP)機能、また、多数のUSBメモリをリモート管理でき、監査機能としてファイル操作ログを記録。

SECUDRIVE Device Control

PCやUSBメモリなどのデバイスを制御し、 デバイスごとに「遮断」「読み取り専用」「許可」等の制御を設定。

SECUDRIVE Sanitizer

USBメモリやCD-ROMからのブートが不要で、プログラムを実行後、ハードディスクを一度に完全消去。

SECUDRIVE File Centralization

PC端末にはデータを残さず、デスクトップにあるファイルはストレージやサーバーに強制移行させることで、社内にある機密データの漏洩を未然に遮断。ファイルのコピー、印刷、キャプチャー、ネットワーク転送などを制御することで、社内の機密データの漏洩を防止。
+ 詳細はこちら

SECUDRIVE File Server

ファイルサーバーに保存された機密情報が社外に流出しないように安全に防止。ローカルPCやUSBメモリへの保存や印刷、画面キャプチャー(スクリーンショット)を禁止。
+ 詳細はこちら

SECUDRIVE USB

USBメモリ内に保存されているファイルの流出を防ぐ情報漏洩防止(DLP)機能、また、多数のUSBメモリをリモート管理でき、監査機能としてファイル操作ログを記録。
+ 詳細はこちら

SECUDRIVE Device Control

PCやUSBメモリなどのデバイスを制御し、 デバイスごとに「遮断」「読み取り専用」「許可」等の制御を設定。
+ 詳細はこちら

SECUDRIVE Sanitizer

USBメモリやCD-ROMからのブートが不要で、プログラムを実行後、ハードディスクを一度に完全消去。
+ 詳細はこちら

暗号化だけで大丈夫ですか?

暗号化だけで大丈夫ですか?

暗号化していても、権限を持つ内部関係者であれば、
社内の大切は情報を簡単に抜き出されてしまいます。
そのデータが機密情報であったら、
組織が被る影響は計り知れません。

DLPだけで大丈夫ですか?

DLPだけで大丈夫ですか?

機密資料を社外の担当者と共有する際、
データが漏洩してしまったら、
情報漏洩インシデントを
カバーできるとは言い切れません。

“企業の機密情報管理をよりセキュアに、よりシンプルに”をコンセプトに開発された「SECUDRIVE(セキュドライブ)」は、ファイルサーバーセキュリティ、USBメモリからなる情報漏洩防止ソフトウェアです。業務の利便性を下げずに情報漏洩を防止したい企業様に最適なソリューションとして提供しております。

個人情報や知的財産など社内の機密情報の漏洩防止対策ならSECUDRIVE

セキュアなコラボレーションスペース

ファイルは作業環境から漏洩することなく、社員や契約社員、協業パートナーはいつものように、ファイルを編集することは可能です。また、管理者はリモートでポリシー設定や制御したり、ファイル操作のログを収集することができます。

利便性あるセキュリティUSB

SECUDRIVE USBからファイルを持ち出すことはできないので、社内で安全に機密情報を取り扱うことができます。このUSBはハードウェア暗号化方式を採用しており、リモートによるモニタリングができ、遠隔でのデータ消去やポリシー更新、詳細ログ監視も可能となっております。

簡単な機密情報管理システムの構築

SECUDRIVEはドライブによるデータ管理システムを採用しており、ファイルによるデータ管理と比べて、実用的でかつ導入・管理が容易なシステムです。現在使用しているファイルサーバーやクラウド、ActiveDirectoryの設定を変えずに、既存の環境で利用することができます。

SECUDRIVE 新着情報

SECUDRIVE セキュリティUSB vs 一般USBの速度比較(暗号化USB)

SECUDRIVE セキュリティUSBはAES256ビットハードウェア暗号化チップとUSBセキュリティソフトであるTrend Micro USB Securityを搭載したセキュリティUSBで紛失やウイルス感染からの重要なデータを保護することができます。今日は私たちのセキュリティUSB製品であるSD300と一般USBを比較して見ます。 ▶転送速度...

続きを読む

SECUDRIVE USB暗号化チップAES 256 Bitについて

SECUDRIVE USB Basic単独型製品は、オンラインで販売しています。 USBを購入しましたがに暗号化はうまくいっているかどうか気になる方が多いと思います。 直接USBを分解して疑問を解消したいと思います。 すべてのUSBには、メモリとコントローラが搭載されています。 メモリはデータを保存することができる「Nand Flash memory」半導体です。 では、コントローラは何でしょうか? コントローラは、USBメモリーのすべての機能を制御するCPUと同じ役割をしています。...

続きを読む

Outlookでセキュアに機密データを送信する方法

個人情報、知的財産。社内の重要なデータの漏洩を防止する方法として、DLPやVDI、シンクライアントなどで、内部の機密情報を保護するのが一般的ですが、どうしても、外部へファイルを送信しなければならない機会も多く、メール経由で情報漏洩が発生するといったことが起こりえます。 仮に、利用中のメールサーバーが障害のために停止した場合、業務も止まるリスクがあるため、多くの企業で、メールサーバーへのセキュリティ対策、特に標的型攻撃やスパム、マルウェア対策などに費用をかけて対応していますが、メールクライアントへの防御策はあまりされていません。...

続きを読む

メール誤送信による情報漏洩が増えています

メール誤送信による情報漏洩が増えています 情報漏洩インシデントのなかでも、メールの誤送信による情報漏洩は毎年多く発生しています。その多くが、送信者の不注意によるものですが、故意ではない”人的ミス”として、扱われることがあり、対策等があまりされていないケースがあるようです。誤って送付したデータが機密データとしたら、人的、金銭的な損害は計り知れません。...

続きを読む

働き方改革真っ只中、セキュアなテレワーク導入、進んでいますか。

テレワーク導入、進んでいますか? 少子高齢化に伴い、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない昨今において、多くの企業で重要な課題と認識されている「働き方改革」。なかでも、場所、時間を問わず、外出先や自宅での業務をはじめ、在宅勤務が可能なテレワークの推進に注目が集まっており、生産性向上や社員のワークライフバランスなど、柔軟なワークスタイルが実現できる環境を目指すべく、モバイルワークの推進が進められております。...

続きを読む

SECUDRIVEは世界各国でご利用頂いております!

日本、韓国、カナダ、香港、インド、ポーランド、UAE、サウジアラビア…

ブレインズスクエア株式会社
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-1-7 神田Y5ビル4F
TEL:03-5207-2453 / FAX:03-5207-2454