SSDに保存されたデータを約1分で消去!

社内にあるPCの記憶媒体の多くがHDDを利用されていますが、最近では、処理速度が非常に早く圧倒的なパフォーマンスをもたらすSSD(ソリッドステートドライブ)の利用が増えています。

処理速度については、HDDとSSDの速度差を比べると2倍ほどで、作業環境によっては6倍以上の差が出ることもあります。その他、HDDディスクよりも小さく、衝撃にも強く消費電力も少ないことから、モバイル端末に適しているとも言われています。他にも多くのメリットがあるSSDですが、つい最近までは、高価格であったことから、あまり利用されていませんでしたが、PCの処理速度、データ容量の増大に伴い、SSDの利用が増えるようになりました。

ただ、SSDにあるデータの消去する際、既存のHDDを消去する方法でSSDを消去すると、SSDのウェアレベリング(セルを均等に分散させ、読み取り/書き込みをする手法)により、特定の区間のデータは消去されない場合があります。

この問題を解決するために、SECUDRIVE SanitizerはSSDのみの消去機能を提供しています!

SECUDRIVE SanitizerのSSDディスクのデータ消去プロセスは以下の通りです。

SSDディスクを選択後、消去を開始すると、確認コードの入力をします。

確認コードを入力

PC再起動後に完全消去作業を完了し、ログを保存します。ここまでかかる時間は約1分程です。