業務用USBを安全に使用する方法

ファイル共有のための標準メディアとして定着したUSB。企業でも業務を効率的に実行するためにUSBをよく使います。しかし多くの企業がUSBを使うことで発生する脅威のためにUSBの使用を避けたりします。このような脅威は企業の機密情報や重要資料が外部へ流出する最悪の事態に繋がったりします。

USBを安全に使おうとする企業はファイル保護機能とUSBに対する遠隔管理機能を提供するUSBセキュリティソリューションが必要になります。外部者だけではなく内部使用者によってUSBのデータが流出されないポリシーも必要でしょう。

SECUDRIVEセキュリティUSBと管理ソリューションを使用するとUSBを安全に配布して使うことができます。 このソリューションは企業がUSBを安全に使うことができるようにUSBに対した強力なセキュリティ及び制御、管理機能を提供します。

1. 強力的なセキュリティ

今からSECUDRIVEセキュリティUSBが企業情報をどう保護するのか紹介します。たぶんUSBはほとんどの利用を社外で利用すると思います。社内の重要な情報や機密な情報を入れたままになります。 もしこのUSBが紛失されるとか盗難にあったら? ランサムウェアに感染したら? このように社外で使われるUSBはさまざまな外部脅威に露出されます。

まずは、AES-256ハードウェア暗号化を通じて管理者が設定したパスワードなしにはUSB内ファイルに近付くことができないようにします。つまり、パスワードを知らないとUSB内のファイルを確認することができません。

このようにハードウェア暗号化を通じて外部からの脅威は防止することができます。しかしほとんどのセキュリティUSBが見逃す、別の脅威があります。それは内部不正による情報セキュリティインシデントです

番目、SECUDRIVE USBはファイルのコピー、キャプチャー、印刷などのような特定機能を制限することができるDRM機能を追加することでセキュリティレベルを一段強化しました。このDRM機能を利用すれば企業はパスワードを知る社員などがUSBに接続後、間違いであるいは悪意的に保存されたファイルを「流出しないか」に対する心配をする必要がありません。

情報流出防止機能

2. 制御機能

1の機能でUSBに対するセキュリティは解決されました。次の段階は社内PCで許可されないディスクや個人USBを自由に使うことができないようにすることです。

SECUDRIVE Device Controlは企業がPCのすべてのポットに対する装置を制御してモニタリングができるソリューションとして、許可された装置あるいはSECUDRIVEセキュリティUSBだけを使うことができるように設定することができます。

つまり、すべてのPCのポットに対するアクセスを遮断して、許可された特定装置だけをアクセスできるように特定ポットを許容することができます。

もし職員が特定作業のために遮断されたポットにアクセスする場合は、業務が中断されないように特定ポットを一時的に「許可」することもできます。

SECUDRIVE Device Control

3. モニタリング及び管理

企業に利用するUSBが多い場合は、使用者に付与される権限及び責任の不注意によって混乱が発生することがあります。これは企業に大きい損失を与える深刻な事態を誘発したりします。 このような被害を防止するためにSECUDRIVE USB管理サーバー(UMS)はさまざまなUSBドライブを便利に管理してモニタリングすることができる中央化されたプラットホームを提供します。 

UMSを通じてUSBを使うことで発生する潜在的な危険が効果的に対応することができます。 遠隔でUSBの追跡、制御及びモニタリングができて、保存されたファイルが流出せずに安全に保管されているかを確認して管理することができます。 もし不正なイベントが発生した場合、USB内のファイルを破壊したり、USBをロックすることもできます。 USBが盗難あるいは紛失されても心配する必要がないでしょう。

SECUDRIVE UMSの遠隔管理機能を通じて社外でも高いレベルのセキュリティを維持することができます。

USB Management Server

SECUDRIVEセキュリティUSBと管理サーバー(UMS)、デバイス制御(DC)この三種類のソリューションは業務を効率的に行うためにUSBを使おうとする企業に強力なセキュリティを提供する完璧なアーキテクチャーです。 

三つのソリューションが連動されることで、企業情報に対する内部者、外部者の脅威、そして社外の脅威について抜けめがない強力的なセキュリティを保証します。