セキュリティUSB暗号化チップのAES 256Bitについて

USBを購入したが果たして暗号化がうまくいっているかどうか気になる方々が多いから直接USBを分解してご心配を解決差し上げます。

すべてのUSBには、メモリとコントローラが搭載されています。
メモリはデータを保存することができるNand Flash memory半導体です。

そしたら、コントローラは何でしょうか?
コントローラは、USBメモリーのすべての機能を制御するCPUと同じ役割をするものです。
メモリに「入力/出力」される情報が、このコントローラを通じるようになってUSBメモリをPCに接続したときに認識されることもコントローラが担当する役割です。

USBにおいて存在の理由になる非常に重要な部品です。

USB構成方式を知ったから分解を始めます。

セキュリディUSB暗号化チップ

ご覧の写真は、コントローラが搭載されているSECUDRIVEのセキュリティUSBのフロントです。

SECUDRIVEUSB製品のすべてのメモリは、米国標準技術研究所(NISC)のFIPS認定を受けたAES 256ビットハードウェア暗号化をサポートしているコントローラを使用します。

したがってUSBに保存されているすべてのデータは、USBコントローラを通って全部暗号化され、フラッシュメモリに保存されます。

この機能がSECUDRIVEのセキュリティUSBの核心部品です。

USBメモリ

第二の写真はNANDフラッシュメモリが搭載されている裏面です。
通常のUSBで使用されるNANDフラッシュメモリと同じです。
しかし、保存されるデータはすべて暗号化されます。

暗号化機能がない一般的なUSBはNANDフラッシュメモリーを取り外し、他のメモリに移植すればデータをそのまま復旧することができます。

しかし、SECUDRIVEのセキュリティUSBメモリに保存されるデータはすべて暗号化して保存するためのメモリを別のUSBに移植していたって内容を見ることができません

個人的なデータや会社の公認認証書、重要なファイルを安全に保管したい場合はSECUDRIVEのセキュリティUSBを強くお勧めします。

SECUDRIVE USB