SECUDRIVEとWindows 11

2021年の後半にリリースされる予定のWindows11について説明します。

Microsoft社からWindows10の発売以来、もはや上位バージョンはなく、Windows10でのアップデートのみをサポートすると案内しましたが、
今年6月にWindows11を発表しました。

正式バージョンは21年末や来年上半期に発表される予定だが、
Windows Insider Programのベータチャネルから体験ができます。

Windows Insider Programは、
Windows 10から追加された機能で「Windows」のプレビュー版を早期配布するMicrosoftの「施策」の1つだ。
Microsoftとしては、開発の早い段階にあるWindowsのプレビュー版を広く配布することで、ハードウェアや構成、設定の違う環境でのテストや、
ユーザーの機能への評価(フィードバック)を得ることができきます。

Windows11 OSをインストールするためのシステム要件

  • プロセッサー:1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサーまたはSoC
  • RAM:4GB
  • ストレージ:64GB以上の記憶装置
  • システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
  • TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)バージョン2.0
  • グラフィックスカード:DirectX 12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応
  • ディスプレイ:対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイ

Microsoft社では、インテルの第8世代またはAMDライジェン3000シリスCPU以上で
Windows11をサポートすると案内しましたが、
インテル7世代、AMDライジェン2000シリーズもWindows11をサポートすると追加で発表しました。
正式なリリースがなかったので、今後もポリシーは変更される可能性があります。

TPMは、メインボードにTPM2.0チップが必要ですが
もしTPMがないマザーボードを使用する場合は
インテルCPUはPTT(プラットフォーム信頼の技術)をAMD CPUはfTPM(ファームウェアTPM)の機能をBIOSで有効にして
Windows11 OSをインストールすることができます。
マザーボードにTPMチップがなく、CPU PTTやfTPMもサポートしていない場合は
Windows11 OSをインストールすることができません。

Windows11 OSのアップデート方法(Windows Insider program)

1. Windows10がインストールされているPCから
  設定→Windows Insider Program→開始するをクリックします。

2. Windows Insider Programの参加に「登録」をクリックしてMicrosoftアカウントでログインします。

3. ログイン後Insider ProgramのDevチャネルを選択します。

4. Devチャネル選択後Windows Updateを実行するとWindows11 Insider Previewバージョンをダウンロード後インストールすることができます。

5.  Windows Updateが完了するとWindows11のインストールは完了します。

SECUDRIVEとWindows11

Windows11 Insider Prieviewバージョンでテストした結果、
SECUDRIVE製品は正常に動作することが確認できました。