SSDの寿命を縮めずにデータを完全消去する方法

昨今、HDDに代わって、大容量化と低価格化のほか、高速処理できる点などから、SSD(Solid State Drive)が搭載されたPCが増えていますが、PCの再利用、譲渡を行う際に、内部のデータを完全に消去することは非常に難しいとされています。
 
プラッターの表面にコーティングされた磁性体にデータを記録するHDDの場合、、実際のデータは削除せず、データの位置情報であるメタ情報との接続を切断して、新しいデータを上書きすることで削除しますが、SSDは、複数のNAND型フラッシュメモリが搭載され、これらのフラッシュメモリが統合され、保存スペースとして設けられています。

SSDの基本単位はセル(Cell)というシリコン形の小片で構成され、セルが集まったことをページ(Page)と呼び、このようなページが集まったことをブロック(Block)と呼ばれています。

SSDを消去する際、ページを上書きすることができず、NAND型フラッシュメモリは必ず、データが削除された後、空のページのみデータを記録され、空でないページにデータを記録しなければならならない場合、必ずそのページのデータをクリアした後で、データを記録する仕様となります。また、データはブロック単位でのみ削除することができず、必ずページが属されるブロック単位の削除が優先して実行される必要があります。

また、ブロック単位で「書き込み/消去」の回数が限られているので、1つのブロックへの書き込みが集中すると、そのブロックの寿命が縮むことで、そのブロックにデータをこれ以上記録することができなくなることがあります。
 
これを防止するために、SSDは、NAND型フラッシュメモリ全体のブロックに対して、均等に分散されて書き込みができるようにするウェアレベリング(Wear leveling)技術が適用されます。「書き込み/消去」の回数が制限されることで、データが分散し記録され、上書きでSSDに搭載されたNAND型フラッシュメモリを完全に削除することは難しいと言われる理由がここにあります。
PC内のHDD(ハードディスクドライブ)のみならず、外付けHDD、USBメモリなどに含まれているデータを完全に安全に簡単に消去可能なUSB型のHDD完全消去ソリューション「Secudrive Drive Eraser」は、消去対象となるPUSBメモリで直接ブートして消去。Enterキーで消去ディスク、消去モードを選択後にSSDを完全消去しますが、消去する際、「Secure Erase」方式をサポートします。ATA Secure Eraseコマンドを実行して、SSDのファームウェアレベルでNAND Cellを初期化します。なお、消去時間は数十秒程度で完了し、削除操作の結果は消去ログとPDF形式のレポートで管理することができます。

また、IT資産管理にて統合管理することができる消去レポートは、PC情報、HDD情報、消去削除情報(消去開始時間/消去終了時間)などの詳細な内容について、CSV、PDFファイル形式で管理できます。