セキュリティ協業ソリューション

今日、企業のセキュリティトレンドは内部情報の流出防止のためVDI(Virtual Desktop Infrastructure)を構築するようになってきています。昨年から多くの企業がVDIに業務環境を変更したというニュースを多く目にします。

[image_frame style=”shadow” align=”center”]http://www.secudrive.jp/wp-content/uploads/sites/2/2013/04/030613_0610_VDI14.jpg[/image_frame]

しかしVDI環境でも問題点はあります。最も大きな問題は出張や外回りの際、ネットワークが繋がらない状況でデータを使用しなければならない場合です。VDIは端末コンピュータからネットワーク経由でVDIサーバーへ接続して文書作業および保存をしますが、出張や外勤の際社内にあるVDIサーバーと接続できない場合VDIサーバーを使用することができません。また、海外出張の際などは、飛行機の中で一時的にネットワークへ接続することのできない場合や、現地のネットワークが遅くVDI環境を正常に使用できない場合があります。
また、他の問題はVDI環境を構築するとVDIサーバーに接続し文書を作成したり、メールを送信したりといった業務に必要なすべての作業をVDIで行うため端末PCにはWord、Excel、PowerPointのようなOfficeプログラムをインストールしません。アプリケーションプログラムをノートパソコンやPCへインストールするとVDIに接続せずにローカルPCで文書作業をすることになり、情報の流出事故が発生する可能性があり、VDI環境の構築によるS/Wライセンス費用も少なくありません。
SECUDRIVE USB Office+はこの2つの問題点を解決する製品です。SECUDRIVE USB Office+にはファイル流出防止機能が内蔵されています。USBメモリに保存されているファイルは USBメモリ内でのみ閲覧したり、修正/保存することができます。出張の際、事前に必要なファイルをSECUDRIVE USB Office+メモリへ保存しておくと出張先でUSBメモリに保存されているファイルはUSBメモリ内でのみ編集や保存を行うことができます。再度社内へ戻った場合、USBメモリに保存されているファイルをVDI作業環境でアップロードすると社外で作成したり、修正した文書ファイルを引き続き利用することが可能です。

[image_frame style=”shadow” align=”center”]http://www.secudrive.jp/wp-content/uploads/sites/2/2013/04/51.jpg[/image_frame]

Q : PCやノートパソコンにはワードプロセスプログラムがインストールされていませんが、USBメモリに保存されている文書ファイルをどのように作業することができるのでしょうか?
A : VMWARE社の Thinappプログラムを利用すると USBメモリで実行されるポータブルプログラムを制作することができます。MS-OFFICEやAcrobat ReaderのようなPCへインストールするタイプのプログラムをポータブル化することができ、SECUDRIVE USB Office+メモリにポータブル化された実行プログラムをコピー後、使用します。

SECUDRIVE USB Office+に保存されているポータブルプログラムは PCにコピーすることができず、USBメモリへ保存されたポータブルプログラムを実行して新しい文書を作成したり、USBメモリに保存されている文書を閲覧してもPCのローカルディスクには文書ファイルを保存することができず、USBメモリへのみ保存することが可能です。

[hidden]
>>SECUDRIVE USB Office+に適用されたコピー防止技術の詳細はこちら
[/hidden]

Q : 出張先で発生した USBメモリの使用ログとファイル作業ログを照会することは可能ですか?
A : SECUDRIVE USB Management Serverを利用するとUSBメモリの使用ログとファイル作業ログをオンラインで収集し、遠隔でモニタリングすることができます。ネットワーク接続ができない環境ではUSBメモリ内にログを一時的に保管し、オンライン状態になった時点で管理サーバーへログを自動的に送信するようになっています。また、遠隔でUSBメモリのセキュリティポリシーを変更したり、それ以上USBメモリを使用できないようにすることもできます。