SECUDRIVE セキュリティUSB vs 一般USBの速度比較(暗号化USB)

SECUDRIVE セキュリティUSBはAES256ビットハードウェア暗号化チップとUSBセキュリティソフトであるTrend Micro USB Securityを搭載したセキュリティUSBで紛失やウイルス感染からの重要なデータを保護することができます。今日は私たちのセキュリティUSB製品であるSD300と一般USBを比較して見ます。 ▶転送速度...

SECUDRIVE USB暗号化チップAES 256 Bitについて

SECUDRIVE USB Basic単独型製品は、オンラインで販売しています。 USBを購入しましたがに暗号化はうまくいっているかどうか気になる方が多いと思います。 直接USBを分解して疑問を解消したいと思います。 すべてのUSBには、メモリとコントローラが搭載されています。 メモリはデータを保存することができる「Nand Flash memory」半導体です。 では、コントローラは何でしょうか? コントローラは、USBメモリーのすべての機能を制御するCPUと同じ役割をしています。...

SECUDRIVE USB初期化プログラム

**** 注意 **** 初期化プログラムを使用してUSBメモリの初期化を実行すると保存されている全てのデータは完全に削除されます。いかなる手段でも復元はできないので、必ず先にデータのバックアップを取ってから初期化を実行してください。 SECUDRIVE USB Basic、Personal、Office、CAD製品に関する初期化プログラムはウェブサイトの ダウンロードページからダウンロードできます。ここではSECUDRIVE USB...

SECUDRIVE製品の組み合わせ利用

複数種類の製品を同一のPCで利用する SECUDRIVE FS / NAS / DC / Officeを同一のPCで使用する場合の注意点を説明いたします。 サーバ サーバ上での同時稼働。   FS + NAS:× FS + DC Manager:○ NAS + DC Manager:○ クライアント クライアントPCからSECUDRIVE FS / NAS / DC / Officeを同時に使用する場合、次のような制限があります。   FS + NAS:× FS + DC:○ FS + Office※1:△※2...

USB 3.0対応のSECUDRIVE USB速度TEST結果

SECUDRIVEはUSB 3.0対応のH/W基盤のセキュリティUSBメモリの販売を開始します。リムーバブル保存デバイスの保存容量が増え、ファイル容量も大きくなり、最大480Mbpsの速度に対応するUSB 2.0規格のリムーバブル保存デバイスは読み取り/書き込みの速度が少しずつ遅くなるのを感じることがあります。今日多く使用されるようになったUSB 3.0 規格は最大の送信速度が5GbpsでUSB 2.0より10倍以上速くなります。 この速度はPCに接続されたUSB...

SECUDRIVE Assistant Serviceプログラムの使用

SECUDRIVE Assistant Serviceプログラムは以下の2種類の機能を提供します。 1. SECUDRIVE USBメモリのログインプログラムを自動的に実行します。 SECUDRIVE USBメモリにはUSBにログインできるプログラムを自動的に実行するように設定されています。 しかしAutorunウイルスができ、OSでまたはアンチウイルスプログラムでUSBメモリでAutorunで実行されることを強制的に遮断する場合が多いです。...