SECUDRIVE USB初期化プログラム

**** 注意 **** 初期化プログラムを使用してUSBメモリの初期化を実行すると保存されている全てのデータは完全に削除されます。いかなる手段でも復元はできないので、必ず先にデータのバックアップを取ってから初期化を実行してください。 SECUDRIVE USB Basic、Personal、Office、CAD製品に関する初期化プログラムはウェブサイトの ダウンロードページからダウンロードできます。ここではSECUDRIVE USB...

SECUDRIVE製品の組み合わせ利用

複数種類の製品を同一のPCで利用する SECUDRIVE FS / NAS / DC / Officeを同一のPCで使用する場合の注意点を説明いたします。 サーバ サーバ上での同時稼働。   FS + NAS:× FS + DC Manager:○ NAS + DC Manager:○ クライアント クライアントPCからSECUDRIVE FS / NAS / DC / Officeを同時に使用する場合、次のような制限があります。   FS + NAS:× FS + DC:○ FS + Office※1:△※2...

メモリ内アプリ実行許可機能について

機能の概要 SECUDRIVE USB Officeシリーズでは、Ver. 3.1.0.023から「メモリ内アプリ実行許可」機能を追加しました。ここでは、この機能がどのように役立つかを説明いたします。 自己解凍形式ファイル 圧縮ファイルを自己解凍形式にした場合、そのファイルは末尾に「.exe」が付いた実行形式ファイルとなります。しかし、これまでのSECUDRIVE USB...
SECUDRIVE USB Office/CADの管理者ログイン方法について

SECUDRIVE USB Office/CADの管理者ログイン方法について

SECUDRIVE USB Office、CADは管理者モードとユーザーモードの2つのモードで動作します。今回の記事では、管理者モードはどのようなもので、どのように設定するのかをご紹介します。 管理者モードとユーザーモードの違い 管理者モードは DRMポリシーを設定することができ、セキュリティ機能が動作しません。つまり、USBメモリに保存されているデータをPCへコピーすることができ、PCに保存されているデータもUSBメモリにコピーすることができるということです。 ユーザーモードは...