SECUDRIVE製品の組み合わせ利用

複数種類の製品を同一のPCで利用する SECUDRIVE FS / NAS / DC / Officeを同一のPCで使用する場合の注意点を説明いたします。 サーバ サーバ上での同時稼働。   FS + NAS:× FS + DC Manager:○ NAS + DC Manager:○ クライアント クライアントPCからSECUDRIVE FS / NAS / DC / Officeを同時に使用する場合、次のような制限があります。   FS + NAS:× FS + DC:○ FS + Office※1:△※2...

Device Controlプログラムでスマートフォンの制御

SECUDRIVE USB Device Controlプログラムを利用して、PCに接続されたスマートフォンをどのように制御するのかご説明します。USBケーブルを利用して、スマートフォンをPCに接続する際、LGのスマートフォンの場合は、MTP、PTP、テザリング、LGソフトウェアを利用して接続することができます。 この記事ではそれぞれの接続方式について、データがどのように流出する可能性があるのか確認し、データ流出防止のためPCにDevice...

Device ControlでPCに接続されるスマートフォンを遮断します。

国内のスマートフォン利用者が2400万人を超えました。電車の中や道行く人々のほとんどがスマートフォンを手に一生懸命何かをしています。電話はもちろん、インターネット、メッセンジャー、カメラ、ナビゲーションまでできないことのないほど本当に優れた物であることに違いはありません。 しかし、このスマートフォンは企業のセキュリティ面からみると頭の痛い問題にもなり得ます。PCのUSBポートとスマートフォンを接続すると、USBメモリのように使用することができ、データリング機能を利用すればインターネットができない...

Device Controlのエージェント無効化防止機能とは?

Device Controlプログラムにはエージェント無効化防止機能が内蔵されています。エージェント無効化防止機能とは、ユーザーがDevice Controlエージェントの正常動作を無効化しようとした際、それを防止する機能です。 OSにログインしたID権限がAdministratorであっても自由にサービスの削除や停止をすることができません。 エージェント無効化防止機能がどのように動作するか紹介します。 1.サービス及びプロセスの強制終了   サービス中止されずにプロセスを強制終了させても終了されません。...

Device Control Basicについて詳しく調べてみましょう。

SECUDRIVE Device ControlはPCに接続される複数のデバイスを制御します。特にUSBポートに取り付けるストレージデバイスを許可や使用禁止、読み取り専用に設定して内部情報の流出を防止するプログラムです。内部情報流出を防止したい会社ではまず導入すべきセキュリティプログラムです。 SECUDRIVE Device ControlはEnterpriseとBasicで構成されています。 ▪ Enterprise :...

SECUDRIVE Device Control Basicを使用してみましょう。

パソコンに取り付けられる様々なデバイスを制御できるSECUDRIVE Device Control Basic。SECUDRIVE Device Control Basicのインストールと使用方法が一目でわかる動画を紹介します。 まず、SECUDRIVE Device Control Basicをインストールしてみましょう。インストールは簡単です。 私は30日体験版でインストールします。ライセンスキーを購入した方はライセンスキーを入力してください。 【参考】 30日体験版でインストールする場合は、 SECUDRIVE Device...