SECUDRIVE セキュリティUSB vs 一般USBの速度比較(暗号化USB)

SECUDRIVE セキュリティUSBはAES256ビットハードウェア暗号化チップとUSBセキュリティソフトであるTrend Micro USB Securityを搭載したセキュリティUSBで紛失やウイルス感染からの重要なデータを保護することができます。今日は私たちのセキュリティUSB製品であるSD300と一般USBを比較して見ます。 ▶転送速度...

USBメモリを社内でのみ使用許可、社外では使用禁止にしたい

ビジネスでUSBを利用する機会は多々ありますが、データの紛失や盗難、機密情報の持ち出しなど、情報漏洩のリスクが常に発生します。特に、業務上でのUSB利用においては、社外でのデータ紛失などのリスクがあるかと思われます。 USBメモリに対して、パスワードポリシーやDRMポリシーといったセキュリティポリシーをリモートで統合管理することができ、USBメモリの使用状況をリアルタイムでモニタリングが可能なサーバーアプリケーションソフトウェア「USB Management...
内部データの流出 : 内部情報流出防止システムは企業自体の安全のみならずパートナー企業に対する安全のためにも必須です。

内部データの流出 : 内部情報流出防止システムは企業自体の安全のみならずパートナー企業に対する安全のためにも必須です。

著者: Simon and Judy 企業にとって業務の効率はなにより優先するべき事項であり、スノーデン (エドワード・ジョセフ・スノーデンはCIAとNSAに勤務していた米国の情報工学者で、2013年カーディアン誌を通して米国国内の通話観察記録とPRISM 監視プログラムなどNSAの様々な機密文書を公開した。) 事件が起きた現在も米国企業の流出防止システムは相変わらず緩い状態がほとんどです。 会社で誰かが業務に大きな制約をもたらす可能性のある流出防止システムを導入しようという提案をしても、この意見は無視される可能性が高いのです。...

USB 3.0対応のSECUDRIVE USB速度TEST結果

SECUDRIVEはUSB 3.0対応のH/W基盤のセキュリティUSBメモリの販売を開始します。リムーバブル保存デバイスの保存容量が増え、ファイル容量も大きくなり、最大480Mbpsの速度に対応するUSB 2.0規格のリムーバブル保存デバイスは読み取り/書き込みの速度が少しずつ遅くなるのを感じることがあります。今日多く使用されるようになったUSB 3.0 規格は最大の送信速度が5GbpsでUSB 2.0より10倍以上速くなります。 この速度はPCに接続されたUSB...

SECUDRIVE USB BasicをMacコンピュータで使用してみましょう

現在SECUDRIVE USB BASIC V SD200メモリ(2.0.3.145バージョン以降)のみMacコンピュータ(Mac OS X 10.5以降、インテル基盤)に対応しています。 MacコンピュータにSECUDRIVE USB BASICメモリを接続すると、SECUDRIVE CD領域が表示されます。 CD領域にあるLoginプログラムを実行します。 ライセンス契約に同意してOKボタンをクリックします。 パスワードを設定し、OKボタンをクリックします。...

あなたのパスワードは安全ですか?

AES256、SEED128、ARIA256アルゴリズムで強固な暗号化をしても、実際に暗号化したデータが予期せず復号化される事故、つまりハッキングは不適切なパスワード設定によって発生することがしばしばです。 例えば、パスワードを”1234″、”1111″や誕生日などに設定した場合、第三者がパスワードを簡単に推測でき、重要なデータを見られてしまうということになるのです。...