もっと簡単に安全に社内にある機密データを共有する方法 -効率的なバックアップ方法もご紹介-

情報システム担当者がセキュリティソリューションを導入する際、最も懸念されているのが、ソリューションの導入によるユーザーの利便性低下です。業務環境が変化することで、せっかく社内のセキュリティを強化しても、業務効率が下がれば、 元も子もありません。 一般的に、社内でファイルを共有する際に、原本ファイルをメッセンジャーやメールに添付して送受信しますが、ファイル自体が移動されるので、流出の可能性があります。例えば、顧客へファイルを送信する際、第三者へ漏洩したりする恐れがあるなどのリスクが考えられます。...

ローカルPCにセキュアな環境を構築する -リモートワークでのセキュリティ対策-

ローカルPCにセキュアな環境を構築する -リモートワークでのセキュリティ対策- 昨今、モバイル端末などといったノートPCで業務を自宅や外出先など社外で利用するケースが増えているが、一般的に、そのノートPCには、業務上の機密データが保存されており、 情報セキュリティの確保が必要となります。...

Outlookでセキュアに機密データを送信する方法

個人情報、知的財産。社内の重要なデータの漏洩を防止する方法として、DLPやVDI、シンクライアントなどで、内部の機密情報を保護するのが一般的ですが、どうしても、外部へファイルを送信しなければならない機会も多く、メール経由で情報漏洩が発生するといったことが起こりえます。 仮に、利用中のメールサーバーが障害のために停止した場合、業務も止まるリスクがあるため、多くの企業で、メールサーバーへのセキュリティ対策、特に標的型攻撃やスパム、マルウェア対策などに費用をかけて対応していますが、メールクライアントへの防御策はあまりされていません。...

メール誤送信による情報漏洩が増えています

メール誤送信による情報漏洩が増えています 情報漏洩インシデントのなかでも、メールの誤送信による情報漏洩は毎年多く発生しています。その多くが、送信者の不注意によるものですが、故意ではない”人的ミス”として、扱われることがあり、対策等があまりされていないケースがあるようです。誤って送付したデータが機密データとしたら、人的、金銭的な損害は計り知れません。...

働き方改革真っ只中、セキュアなテレワーク導入、進んでいますか。

テレワーク導入、進んでいますか? 少子高齢化に伴い、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない昨今において、多くの企業で重要な課題と認識されている「働き方改革」。なかでも、場所、時間を問わず、外出先や自宅での業務をはじめ、在宅勤務が可能なテレワークの推進に注目が集まっており、生産性向上や社員のワークライフバランスなど、柔軟なワークスタイルが実現できる環境を目指すべく、モバイルワークの推進が進められております。...