マイナンバー対策 ~ SECUDRIVE USB Office編 ~

マイナンバー制度は2015年10月から付番・通知、そして2016年1月から実際の番号の利用が始まります。 個人番号を利用するのは主に行政機関ですが、民間事業者はその番号の中継役となるため、望むと望まざるとに関わらず個人番号を収集したり保管したりする必要があります。その際の番号の管理には、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」)により厳格な「安全管理措置」を求められます。...

File Serverと他社製品との違い

製品選定のために 世の中に多くのセキュリティソリューションがありますが、SECUDRIVE File Server(以下FS)のように情報の流出を情報の源であるファイルサーバから一切持ち出せなくする、というタイプの製品はさほど多くありません。しかし、似た機能を持つ他社製品がいくつかあるのも事実です。 各製品それぞれに良い点があり、お客様のニーズにマッチする製品をお選びいただくのが一番ですが、何が違うのかがわからないと製品の選定も困難です。そこでFSを他社製品と比較することで、FSの特長をご理解いただければと思います。...

Device Control Enterpriseのネットワーク接続管理

Device Control Enterpriseのネットワーク接続管理 SECUDRIVE Device Control Enterprise(以下DC Ent.)には、ネットワークに対する接続を制限する機能があります。これは、社員がノートPCやタブレットを社外に持ち出して、安全が確認されていないネットワークに不用意に接続することを防ぐのが狙いです。また、昨今はいたるところに無線ルータが設置されておりますので、社内においても、周囲にある第三者の無線ルータに意図的あるいは無意識に接続されてしまうという恐れがあります。...

SCPについて

利用方法 SECUDRIVE Software Copy Protection(以下SCP)はUSBドングルによる、プログラムの不正利用防止ソリューションです。 下図は、SCPの利用フローです。 利用方式 プログラムを知財として防御するためには、以下の2点を考慮する必要があります。 不正利用 ライセンスに違反してexe実行形式ファイルを不正にコピーして利用する。 販売機会の損失により会社の収益を悪化させます。 コードハッキング exe実行形式ファイルを解析してソースを解読される。 独自ノウハウが流出し、製品の価値を損ないます。...

USB Officeの学校での利用

USB Officeで漏えい事故防止 2014年12月18日の新聞(産経新聞)より データをUSBに入れて持ち帰ることを禁止している職場も多いと思いますが、ルールを決めただけではなかなか守られないのが現実です。そして、データを入れたメディアの紛失事故はなかなか無くなりません。また、新聞などで公になるケースは実際に発生しているデータ紛失事故の数%に過ぎないという専門家もいます。...