SECUDRIVE USB Personalの最新バージョンがリリースされました。

最新初期化プログラムはダウンロードページからダウンロードできます。初期化プログラムを利用してUSBメモリプログラムをアップデートできます。USBメモリを初期化する場合は、予めデータのバックアップを取ってから作業を開始してください。

SECUDRIVE USB Personal初期化プログラムで詳しい内容をご確認いただけます。

重要アップデートは製品をより安全に使用するために必ずアップデートを行うことを推奨します。最新アップデートを適用すると重要アップデートも自動的に適用されます。

3.0.6.1195 (2014年 03月 08日)
初期設定ウィザードUIの改善

3.0.4.1184(2013年 12月 09日)
Windows 8.1 に対応

3.0.4.1182(2013年 11月 06日)
RDP環境でログインプログラムがコンソール画面で表示されるエラーを修正

3.0.4.1180(2013年 10月 19日)
Mac OS X 10.5以降(Intel-based)に対応
初期設定ウィザード機能を追加

3.0.3.1168(2013年 5月 15日)
オフライン状態でTMUSBライセンスの認証が行える機能を追加

3.0.2.1164(2013年 3月 22日)
Syncプログラムで同期化時間を9999分まで設定できるように修正

3.0.2.1157(2013年 2月 8日)
バグを修正

3.0.1.152(2013年 01月 09日)
Windows 8 に対応

3.0.1.145(2012年 10月 14日)
2個以上のUSBメモリに対して同時にログインできるようにプログラムをアップデート

3.0.1.143(2012年 8月 7日)
Syncプログラムのセキュリティバックアップファイルのアンマウント機能を追加

3.0.1.141(2012年 7月 20日)
EraserおよびHide Folderプログラムをアップデート

3.0.1.134(2012年 4月 8日)
-ログアウト時表示される警告メッセージの除去

3.0.1.130(2012年 3月 23日、重要アップデート)
– ログインセキュリティを強化

3.0.1.126(2012年 2月 27日)
-CD-ROM Eject安定化作業

3.0.1.124(2012年 1月 25日)
-アンチウイルスプログラム搭載製品にTrend Micro USB Security 2.0 Patch build 1108を適用
USBメモリ接続時に、”リムーバブルディスクのスキャン及び修正”のウインドウが何度も表示される問題を修正

3.0.1.119(2012年 1月 8日)
-Hide Folderプログラムの安定化作業
-SD100モデルでUSBにログイン後すぐにログアウトされてしまう問題の修正

3.0.1.112(2011年 12月 1日)
-Eraserでファイル名が長いファイルを削除できないエラーを修正

3.0.1.105(2011年 10月 18日)
-2.0から3.0へのアップデート時、Hide Holderで非表示にしたフォルダを解除するように修正 
-AvastアンチウイルスプログラムでHide Folderをウイルスとして誤検出するエラーを修正

3.0.1.100(2011年 9月 4日)
-CD-ROMを取り外す際にログインプログラムも終了するように修正
-完全消去ユーティリティでフォルダの経路が長い場合にプログラムが終了するエラーの修正

3.0.1.95(2011年 8月 11日)
-パスワードの大文字と小文字の区別をしないという問題を修正(SD200モデルでのみ発生する問題)
-アンチウイルスソフトの使用可否をユーザが選択できるように制御機能を追加
-ファイル同期化のユーティリティ機能の改善
– ログ照会機能を追加
– 同期化の設定変更時、既存の情報を維持できるように修正

mautic is open source marketing automation