AES256、SEED128、ARIA256アルゴリズムで強固な暗号化をしても、実際に暗号化したデータが予期せず復号化される事故、つまりハッキングは不適切なパスワード設定によって発生することがしばしばです。 例えば、パスワードを”1234″、”1111″や誕生日などに設定した場合、第三者がパスワードを簡単に推測でき、重要なデータを見られてしまうということになるのです。

このような事態を防ぐため、ウェブサイトに登録する際にパスワードを英語の大文字、小文字に加えて数字まで混ぜて設定しなければならないサイトや、特殊記号を混ぜてパスワードを設定しなければならないサイトもあります。

http://howsecureismypassword.net/ このサイトではあなたが使用しているパスワードがどれだけ簡単に解かれてしまうのかがわかります。現在使用中のパスワードを入力して一度テストしてみてください。

つまり、パスワードを要求する暗号化製品は無差別攻撃(Brute-force-attack)に対する防御が可能でなければなりません。ソフトウェア方式の暗号化を利用する製品はこの攻撃に非常に弱く、パスワードが一致するまで無差別攻撃を続けるので、短期間でパスワードを解読されてしまいます。

SECUDRIVEハードウェアセキュリティUSB製品は、パスワードを10回間違えるとデータを破棄する機能を搭載しており、無差別攻撃にも対応が可能です。これがソフトウェア方式のセキュリティUSB製品と差別化された点です。

mautic is open source marketing automation