Device Controlプログラムにはエージェント無効化防止機能が内蔵されています。エージェント無効化防止機能とは、ユーザーがDevice Controlエージェントの正常動作を無効化しようとした際、それを防止する機能です。
OSにログインしたID権限がAdministratorであっても自由にサービスの削除や停止をすることができません。

エージェント無効化防止機能がどのように動作するか紹介します。

1.サービス及びプロセスの強制終了
  サービス中止されずにプロセスを強制終了させても終了されません。
2.プログラムのアンインストール
  プログラムを任意にアンインストールすることができません。
3.インストールファイルの削除
  PCにインストールされたDevice Controlフォルダやファイルは削除できません。
4.安全モードでの動作
  PCに登録されたサービスが動作しない安全モードではPCに接続されるすべてのUSBストレージは読み取り専用に動作します。

以下の動画で実際にエージェント無効化防止機能がどのように動作するか確認してください。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/mO31y3JeB_Q”]

※エージェント無効化防止機能は正規版のソフトウェアで正常に動作します。
体験版ではエージェント無効化防止機能が動作しません。

mautic is open source marketing automation