SECUDRIVE製品の特長はコピー防止技術です。この技術は保護領域に保存されているファイルが外部へ流出しないように経路を遮断します。

SECUDRIVEのコピー防止機能にどのような機能があるか紹介します。下記の動画ではSECUDRIVE流出防止機能が内蔵されている製品の中で、簡単に使用できるSECUDRIVE USB OFFICEを利用しました。

1. ファイルコピー及び Save-As 遮断
ファイルをコピーする方法は意外に多く存在します。検索を利用する方法、マウスを利用する方法、キーボードを利用する方法など、どんな方法を使ってもSECUDRIVEは保護領域にあるファイルをコピーすることができません。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/wcgBDcZXCUM”]

2. 画面キャプチャー遮断
ファイルがコピーできない場合、次にトライするのが文書や図面ファイルを開いた後、画面をキャプチャーする方法でしょう。SECUDRIVEはキャプチャー防止機能が内蔵されていて Print Screenキーはもちろん、専門のキャプチャープログラムにも対応しているため、画面キャプチャーをすることはできません。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/BJv-fFgQldk”]

3. 印刷遮断及びウォーターマーク
どんなプログラムであれ、印刷する機能は基本的に提供されています。そのため、文書が流出しやすい経路かもしれません。
ファイルのコピーはもちろん画面キャプチャー、印刷まで遮断されて利用できなかったら、不便でしょうか?もし不便でしたらウォーターマーク機能を使用してください。ウォーターマークは印刷時にファイル内容とともに出力したパソコンの情報、出力時間が出力されます。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/63UNb8s3wb8″]

4. クリップボード遮断
Windowsではクリップボードという機能を提供しています。あるプログラムでコピーした内容を他のプログラムに合わせて貼り付けられるようにするのがクリップボードです。このクリップボートを利用すれば保護領域にあるファイルの内容をローカルPCの文書に貼り付けられます。また、新しい文書を開いて保護領域にある文書の内容を貼り付けることも可能でしょう。クリップボード機能を使用時、SECUDRIVEはどのように遮断するのかご紹介します。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/mAE8FZwi3eo”]

5. ネットワーク流出遮断
E-メールはファイルを添付して送信することができ、またファイルの内容をコピーしてメールに貼り付けて送信することもできます。メッセンジャーでもファイル送信機能を提供しています。SECUDRIVEはどのように遮断するのかご紹介します。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/Zxa3B6miREE”]

コピー防止技術が適用されている製品は下記のリンクをご参照ください。 (製品名をクリックすると、該当製品のページに移動します。)

企業向けのUSB独立型
SECUDRIVE USB Office
SECUDRIVE USB CAD

専用のUSBメモリと管理者プログラムで構成された企業向け製品
SECUDRIVE USB Management Tool
SECUDRIVE USB Management Server

一般USBメモリを利用したコンテンツコピー防止製品
SECUDRIVE USB Copy Protection

ファイルサーバー共有フォルダ流出防止
SECUDRIVE File Server