USBメモリは会社、学校、家など複数の場所で使用しているため、ウイルスに感染しやいです。
USBメモリのウイルス感染はUSBメモリが取り付けられたパソコンまで感染させてしまうので、その影響は絶大です。例えば、数年に渡った研究結果が保存されている研究室のパソコンがウイルスに感染すれば、一瞬で全てのデータが飛んでしまうでしょう。

下記はEicarウイルスのテストファイルを利用してウイルスに感染したファイルがUSBメモリへコピーされる時、アンチウイルスソフトがファイルを安全に隔離する動画です。
[youtube width=”500″ height=”325″ rel=”0″ url=”http://youtu.be/ZTi3pdSohJ0″]
【参考】 Eicar ウイルスとは?
実際にウイルスに感染したファイルではなく、ウイルスパターンを持っているファイルで各種のアンチウイルスソフトをテストする際に使用されるテストファイルです。

mautic is open source marketing automation