情報システム担当者がセキュリティソリューションを導入する際、最も懸念されているのが、ソリューションの導入によるユーザーの利便性低下です。業務環境が変化することで、せっかく社内のセキュリティを強化しても、業務効率が下がれば、 元も子もありません。
一般的に、社内でファイルを共有する際に、原本ファイルをメッセンジャーやメールに添付して送受信しますが、ファイル自体が移動されるので、流出の可能性があります。例えば、顧客へファイルを送信する際、第三者へ漏洩したりする恐れがあるなどのリスクが考えられます。

そこで、弊社が提供しておりますセキュリティソリューション「Secudrive File Centralization」を導入されると、ファイルをエクスポートすることなく、 ローカルPCの中にあるセキュリティ機能が動作しているフォルダ「セキュリティエリア」に保存されたファイルを他の社員のPCにあるセキュリティエリアへ転送することがで、セキュアにファイルが外部に転送することができます。

社内のセキュリティエリア間での転送

また、サーバーにあるネットワークフォルダをセキュリティエリアに設定して、ファイルを安全に共有することもできます。、また、ファイルへのリンクだけを転送することもできるので、機密データの漏洩することなく、安全にファイル共有を行うことが可能です。

社内にある機密データを資産化する -こまめにバックアップしてますか?

 

ファイルサーバーにある機密データを日々バックアップする。

厳重に保護されたセキュリティエリアにファイルが保存されていても、仮にPCを紛失したり盗まれた場合、その機密データは紛失してしまうことになります。また、悪意がある退職者がセキュリティエリア内のすべてのファイルを削除、もしくはメールで転送されるリスクもあります。企業の大切な資産である機密データを守る。そのためには、漏洩防止より重要になるのが「バックアップ」です。

情報システム担当者の多くは、定期的にファイルサーバーにあるファイルをバックアップ作業を行っておられますが、実は漏洩してはいけない大切なデータの多くが、 モバイル端末やデスクトップPC上に保管されているケースが多く、そこから、情報漏洩が起こる発生することがあるのです。

”出張でノートパソコンを置き忘れ、最後にバックアップしたのは1年前。これまで作成した資料はすべて失うことに。。”
”社員の退職時に機密データを漏洩し、最悪、顧客に損害賠償までしなければならない。。”

これらの問題を解決する方法として、社内にあるモバイル端末やデスクトップPC上にある機密データをサーバーへ集中管理できれば、社内の機密データを安全に関単にバックアップできるのではないでしょうか。

セキュリティソリューション「Secudrive File Centralization」 は、セキュリティエリアに保存されたファイルを指定されたバックアップストレージにバックアップする機能を提供します。リアルタイムバックアップ、定期バックアップ、原本バックアップ、暗号化バックアップなど、さまざまな方式のバックアップをサポートし、バージョン管理機能もあり、任意の時点のファイルを選択して復元することもできます。このように、バックアップを行うことで、機密データが資産化として管理でき、ランサムウェア感染など、予期できない障害や事故が発生しても、リスクを最小限に抑えることができます。

PC端末の紛失や盗難により、業務で使用する重要なデータを紛失したり、人為的なミスや故意により、機密データが削除されることも想定されますが、セキュリティエリアに保存することで、リアルタイムに強制バックアップを実行。また、決まった日時でのバックアップや原本バックアップ、暗号化バックアップなど様々な方法でバックアップを行うことができ、また、バージョン管理機能により、任意の作成時のファイルをユーザーが直接復元できるなど、業務の効率化にもつながります。

社内のファイル共有時に、セキュリティエリア間でのファイル転送を行うことで、安全なファイル共有を実現。かつ、 モバイル端末やデスクトップPCに分散されたファイルを社内のストレージにバックアップして資産化することで、業務の効率化を図る。

既存のPC、サーバー環境を変えることなく、セキュリティソリューション「Secudrive File Centralization」で実現できます。