「自分の会社は大丈夫!」って思っていませんか?

ある企業が行った企業の情報漏洩対策にアンケート調査によると、約8割の方が情報漏洩への危機意識を持っているにもかかわらず、「エンドユーザーの利便性の低下」、「従業員へのセキュリティ教育」「製品の導入・運用負荷」などの課題があることで、情報漏洩対策が後手後手になっている企業が増えているようです。

セキュリティがどれだけ向上しても、現場が活用できず、疲弊してしまっては、元も子もありません。SECUDRIVEは、ファイルサーバーセキュリティやセキュリティUSBメモリからなる情報漏洩防止ソフトウェアで、業務の利便性を下げずに情報漏洩を防止します。

●セキュアな作業環境で共有された機密情報は外部へ漏洩させません

ファイルは作業環境から漏洩することなく、社員や契約社員、協業パートナーはいつものように、ファイルを編集することは可能です。また、管理者はリモートでポリシー設定や制御したり、ファイル操作のログを収集することができます。

●利便性あるセキュアなUSBを使用することで機密情報の漏洩を防ぎます
SECUDRIVE USBからファイルを持ち出すことはできないので、社内で安全に機密情報を取り扱うことができます。このUSBはハードウェア暗号化方式を採用しており、リモートによるモニタリングができ、遠隔でのデータ消去やポリシー更新、詳細ログ監視も可能となっております。

●機密情報を管理することに余計な手間をかけさせません
SECUDRIVEはドライブによるデータ管理システムを採用しており、ファイルによるデータ管理と比べて、実用的でかつ導入・管理が容易なシステムです。現在使用しているファイルサーバーやクラウド、ActiveDirectoryの設定を変えずに、既存の環境で利用することができます。

情報漏洩の約8割は内部不正。企業の機密情報管理をよりセキュアに、よりシンプルにするSECUDRIVEは、ファイルサーバーセキュリティ、USBメモリからなる情報漏洩防止プログラムで、個人情報や知的財産など社内の機密情報の漏洩対策を検討されていたり、業務の利便性を下げずに情報漏洩を防止したい企業様に最適なソリューションです。