ビジネスでUSBを利用する機会は多々ありますが、データの紛失や盗難、機密情報の持ち出しなど、情報漏洩のリスクが常に発生します。特に、業務上でのUSB利用においては、社外でのデータ紛失などのリスクがあるかと思われます。

USBメモリに対して、パスワードポリシーやDRMポリシーといったセキュリティポリシーをリモートで統合管理することができ、USBメモリの使用状況をリアルタイムでモニタリングが可能なサーバーアプリケーションソフトウェア「USB Management Server(以下、UMS)」をセキュリティUSBメモリ「SECUDRIVE USB(以下、USBメモリ)」を活用することで、USBメモリを社内でのみ使用許可、社外では使用禁止することができます。

 

上の図より、USBメモリが社内にインストールされたUMSと通信が可能な状態でのみUSBメモリを使用することが可能。社内ネットワークでのみ接続可能なサーバーにUMSをインストールして、社外からは接続できないようにします。つまり、USBメモリを社外へ持ち出して利用しようとしても、UMSがインストールされたサーバーへアクセスできないため、USBメモリを使用することができません。

また、USBメモリが社内で利用されているかどうかの判定をIPでチェックしたり、特定のIPアドレスに対するPING送信で社内と社外を判別する場合、ネットワークに関する知識のあれば、社外から簡単にUSBメモリを使用することができてしまいます。しかし、SECUDRIVE USBはUMSサーバーと特殊なプロトコルで通信を行うように設計されているので、社外でUSBメモリを使用することはできません。