情報漏洩対策の一環として、総務省など各省庁やをはじめ、自治体や各企業などが進めているネットワーク分離。ハッキングやウイルスによる被害を受けても、重要なデータが保存されているサーバーにまで感染してしまうことを事前に防ぐためにも、パブリックなネットワークと内部ネットワークや基幹系システムを分離して運用するインターネット分離環境の構築が進んでいますが、業務で扱うファイルの共有はネットワーク分離環境下でも必要になります。
通常、ネットワーク通信ができない環境では、USBメモリでデータをコピーしますが、USB内の機密データが外部へ流出する可能性があります。また、PCからUSBメモリに保存されたファイルがウイルスに感染していると、内部ネットワークのPCにまで、ウイルスに感染される恐れがあります。
最近では、USBを使用せずにネットワーク分離環境を興味を示されている企業様が多くおられますが、利便性やコスト面から、躊躇されているケースが多く見受けられます。
分離されたネットワーク環境でデータの受け渡しをどのように実行すればいいでしょうか?実は、USBを使って、 ネットワーク分離環境でセキュアに機密データをやり取りできる方法があります。
セキュリティUSB統合管理ソフトウェア「SECUDRIVE USB Management server(以下、UMS)」 をそれぞれのネットワーク(内部ネットワーク、ネットで接続されたオープンなネットワーク)にインストールし、異なるセキュリティポリシーを セキュリティUSBメモリ「SECUDRIVE USB Office+(以下、USB Office+)」に設定することで、 業務の利便性を損なわず、セキュリティを確保できます。
例えば、インターネットで接続されるオープンなネットワークでは、USBメモリにデータを保存のみ可能USBメモリのデータをPCにコピーすることを禁止。一方、内部ネットワークでは、セキュリティUSBメモリにデータを保存したり、PCにファイルをコピーできるようにすることができます。なお、操作ログはUMSにすべて収集されます。

 

このように、セキュリティUSBと専用のUSB統合管理ソフトウェアを導入すれば、利便性を損なわずに、セキュアに機密データの共有が行えます。