産業用PCにおける情報漏洩対策は、社内で使用するPCよりも極めて重要です。工場での生産工程の自動化が進む中、工場内にある産業用 PC サーバーがウイルスに感染されたら、生産がストップし、業務に多大な影響が及んでしまいます。そのため、産業用PCは、外部の攻撃やウイルスの侵入を阻むために、外部ネットワークとは遮断された内部のネットワークで構成するのが一般的です。

ソフトウェアのアップグレードする際、オンラインではなく、各PCからUSBなどでダウンロードするので、産業用PCにはUSBポートが装着されているケースが多く、産業用PCにおけるウイルス感染は、USBでソフトウェアをアップグレードする過程において発生するので、すでにウイルスに感染されているUSBを使ってソフトウェアをダウンロードし、それを産業用PCでアップグレードをすれば、そのPCがウィルスに感染されることになります。

また、外部のネットワークと遮断された別のネットワークで構成されているので、産業用PCには、ウイルスパターンファイルのアップデートも不可能に。工場やプラントなど産業用PCを使用している環境において、ウイルス感染という情報漏洩事故により、深刻な被害をもたらすという認識しているが、このようなインシデントを防止するソリューションとして、Secudrive製品を導入することで、産業用PCのウイルス感染を防ぐことができます。

産業用PC専用のUSBはもちろんウイルスに感染されてはいけないし、データ流出を防止するUSBを使用することは必須。Secudrive USB Basicはハードウェア暗号化機能が備わった”Trend Micro USB Security 2.1”を搭載しているセキュリティUSBを使用することで、産業用PCから情報漏洩を防止することができます。

産業用PCのUSBポートは、セキュアなUSBのみ使用できるように制限されるべきです。Secudrive Device Control Basicはスタンドアロン型のUSBデバイス制御ソリューションで、産業用PCにこのソリューションを活用することで、Secudrive USB Basicのみ、USBポートで認識させ使用させることができます。

さらに、工場と別のネットワークで構成された社内のネットワーク環境でも、Secudrive USB Management Server (UMS)を使用することで、社内のSecudrive USBのみを使用するようにすれば、社内のネットワークでも、ウイルス感染を防止できるだけでなく、万が一、USBを紛失してもデータの流出を防止することができるのです。

mautic is open source marketing automation