SECUDRIVEがシンガポールで開催されたCommunicationAsia2016出展レポートをお届けします。


CommunicationAsia2016は、シンガポールの総合リゾートホテル「Marina Bay Sands(マリーナベイ・サンズ)」で開催されました。セキュリティ、ネットワーク、通信、モバイルなど、アジア太平洋地域で最も規模が大きいICT展示会の1つです。SECUDRIVEは、毎年この展示会に参加しています。


今回展示会に参加した目的は見込顧客を集め、アジア地域でのパートナーを増やすためです。また、現在SRCUDRIVE製品をご利用いただいているお客様と展示会を兼ねて、ミーティングを開くために参加しました。毎年出展している展示会ですが今年もSECUDRIVE製品を知っていただくいい機会であり、様々なIT関係者様と出会い、市場状況を聞くことで、ビジネスの可能性を広げるいい機会だと思い今年も参加しました。


DSC_0041


SECYDRIVEの3つの製品(File Server Security,USB Managemet Server,Sanitizer Enterprise)をお客様にご紹介しました。全製品どれも興味を持っていただき、詳細はDEMOを通じてソリューションの紹介をしました。特にSECDURIVEの機密情報管理(Confidential Data Management)は従来の市場にはないCopy Protectionを通じ、シンプルで強固なデータ保護ソリューションであるため、お客様から好評で、次の商談に繋がる好意的なお言葉をいただきました。
ブースに足を運んでくださったお客様も様々で、情報システム担当の責任者や ITコンサルタントなど、各種IT関連のお客様が多く、特に新たなソリューションを探しビジネスに繋げようとするビジネスパートナーや、会社のセキュリティを強化しようとしているエンドユーザー様が多かった印象です。
今回の展示会では暗号化(Encryption)と情報漏洩防止対策(DLP)が万全ではない企業のセキュリティ状況を説明し、SECUDRIVEの 機密情報管理(Confidential Data Management)を通じて、企業の機密情報を統合管理し、組織の内部、外部のユーザーと安全にシェアできるという点が訴求ポイントだったと思います。


ブースの装飾はバックパネルまたは、ロールアップバナーを利用してブース作りました。バックパネルは簡単に設置、移動できるので、場面に応じて配置を変えました。販促物は各製品(File Server Security,USB Managemet Server,Sanitizer Enterprise)ソリューションに対するパンフレットを配布しました。またUSBデータケーブルをブースに訪問された方に記念品として提供しました。


DSC_0048


展示会を終え日本の展示会との違いを感じた部分は本来、展示会開催国(シンガポール)の訪問者が多いはずなのですが、インドネシア、マレーシア、タイから来られた方が多く、エンドユーザー様より新規ビジネスの商材を探し求めているIT企業が相対的に多かったです。


展示会後、ブースに来られたお客様にご連絡を差し上げ、マレーシアやシンガポールのお客様数社から、もう一度デモを見たいとのご連絡をいただき、現在スケジュールを調整し進行中です。いい結果に繋がるよう日々努力中です。

mautic is open source marketing automation