秘文で暗号化されたファイルはパスワードを知っているユーザーだけが復号できます。ファイルが第三者に渡っても、パスワードがわからなければ原本ファイルを開くことはできないので安全です。しかし、パスワードを知っているユーザーがファイルを復号後に不正に配布したり、暗号化ファイルを入手した第三者にパスワードを知られてしまったら原本ファイルの流出を防ぐことはできません。

hibun-1

SECUDRIVE USB OFFICEの流出防止機能を使用すると、上記のような原本ファイルはもちろん暗号化ファイルまで不正に流出させることを防止し、安全にファイルを共有することができます。

それではSECUDRIVE USB Officeを利用して秘文で暗号化されたファイルと原本ファイルをどのように保護するのかご紹介します。

原本ファイルを暗号化してSECUDRIVE USB OFFICEへ保存

 

hibun-2

  1. 秘文を使用して原本ファイルを暗号化します。
  2. 秘文で暗号化されたファイルをSECUDRIVE USB OFFICEメモリに保存します。
  3. SECUDRIVE USB OFFICEメモリとログインパスワード、秘文ファイルのパスワードをユーザーに通知します。

SECUDRIVE USB OFFICEメモリへログイン

 

hibun-3

  1. SECUDRIVE USB OFFICEに保存された秘文ファイルを使用するには必ずUSBメモリにログインする必要があります。管理者から受け取ったUSBメモリのログインパスワードを入力してUSBメモリにログインします。
  2. USBメモリにログインしたユーザーに対しても、秘文ファイルをPCや他のUSBメモリ、またはメールやメッセンジャーなどで流出させることを防ぎます。

コピー防止された状態の原本ファイルの作成と使用

 

hibun-4

  1. SECUDRIVE USB OFFICEメモリに保存された秘文ファイル(自己解凍形式)を実行後、パスワードを入力すると原本ファイルがUSBメモリに保存されます。このとき、原本ファイルをメモリ外に保管しようとするとOfficeの流出防止機能が働きます。
  2. USBメモリに保存された原本ファイルはUSBメモリ内から開くことができ、内容を確認して修正/編集後、再度USBメモリに保存することができます。
  3. 原本ファイルをPCや別のUSBメモリに保存することを防止し、印刷、キャプチャー、メールやメッセンジャーを利用したファイルの流出を防止します。
  4. 管理者はユーザーがUSBメモリを使用したファイル作業ログを確認することができます。

SECUDRIVE USB OFFICEメモリを使用して秘文ファイルをやりとりすると、SECUDRIVE USB OFFICEメモリにログインできるユーザーだけが秘文ファイルを使用することができます。また、たとえメモリにログインしたユーザーであっても、秘文で暗号化されたファイルや復号した原本ファイルを外部に流出させることはできませんので、安全に秘文ファイルを保護することができます。

※秘文は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の登録商標です。

mautic is open source marketing automation