1. インストール方法

CaptureSafe Basicプログラムは管理者がユーザーPCにインストールします。

インストールファイル”CaptureSafe Basic Install.exe“をクリックしてインストールを開始します。


 

ライセンスに同意後インストールを完了します。


 

2. 操作方法

プログラムのインストールが完了するとパスワードを設定する画面が表示されます。


 

設定したパスワードを入力します。


 

3. ポリシー設定

パスワードを入力すると設定メニューが表示されます。

この画面でキャプチャー防止に関するポリシーの設定を行います。


 

[画面キャプチャー防止ポリシー]


 

常に画面キャプチャーを防止する :プログラムが実行されると常に画面キャプチャー防止機能が動作します。

特定のプロセスが実行中に画面キャプチャーを防止する:指定されたプロセスが実行中の場合にのみ、画面キャプチャー防止機能が実行されます。指定されたプロセスが終了されると画面キャプチャー防止機能を中止します。

 

[画面キャプチャー防止スクリーンの表示ポリシー]


画面キャプチャーを防止する際の画面の背景色、メッセージの文字色を設定します。

プレビューボタンをクリックすると画面キャプチャー遮断時、スクリーン表示ポリシーに設定されたポリシーをプレビューで確認することができます。

 

[削除ポリシー]

このオプションを選択するとユーザーがPCにインストールされたプログラムを”コントロールパネル→プログラム追加/削除”から削除することができます。

※体験版ではこの機能を提供していません。


 

すべての設定が完了したら右下にある”適用”をクリックします。


 

4. 適用例

ポリシー設定画面で画面キャプチャー防止を設定した場合、以下のように動作します。

 

[Snipping Toolを利用した場合]

画面キャプチャーを行った場合、画面全体を設定した背景色で表示して画面キャプチャーを防止します。


 

[Print Screenキーを利用した場合]

Print Screenキーでキャプチャーを行い、貼り付けると画面キャプチャー防止画面が表示されます。


 

mautic is open source marketing automation