SECUDRIVE USB Device Controlプログラムを利用して、PCに接続されたスマートフォンをどのように制御するのかご説明します。

USBケーブルを利用して、スマートフォンをPCに接続する際、LGのスマートフォンの場合は、MTP、PTP、テザリング、LGソフトウェアを利用して接続することができます。

この記事ではそれぞれの接続方式について、データがどのように流出する可能性があるのか確認し、データ流出防止のためPCにDevice Controlのエージェントプログラムをインストールした場合、どのようにデータ流出を防止するかを確認してみましょう。

TEST環境

PC:DELL Vostro

スマートフォン:LG-F320K G2

Device Controlポリシー:ストレージデバイスと非ストレージデバイスのブロックに設定


MTP接続

スマートフォンの接続方法をMTPに設定します。


マイコンピュータにMTP方式でスマートフォンが接続されます。


MTP方式で接続されたスマートフォンへアクセスが可能です。


PCにあるファイルをMTPで接続されたスマートフォンにコピーすることができます。


Device ControlでUSB接続を遮断すると、PCにスマートフォンを接続してもマイコンピュータに表示されません。


PTP接続

スマートフォンの接続方式をPTPに設定します。


マイコンピュータにPTP方式で、スマートフォンが接続されます。


PTP方式で接続されたスマートフォンのストレージへアクセスが可能です。


PC上のファイルをPTP方式で接続されたスマートフォンにコピーすることができます。


Device ControlでUSBポートを遮断すると、PCにスマートフォンを接続してもマイコンピュータに表示されません。


テザリング接続

スマートフォンかの接続方法をテザリングに設定します。


ネットワークアダプタのスマートフォンのネットワークアダプタが新たに作成されます。


PCでインターネット接続ができます。


Device ControlでUSBポートを遮断すると、ネットワークアダプタは作成されません。


スマートフォンメーカーの専用プログラムを利用して接続

スマートフォンの接続方法を専用ソフトウェアに設定します。


にインストールされたプログラムを実行すると、プログラムとスマートフォンが接続されます。


PC上のファイルをドラッグ&ドロップでプログラムに追加すると、PC上のファイルをスマートフォンにコピーすることができます。


Device ControlでUSBポートが遮断されると、プログラムとスマートフォンが接続されません。

mautic is open source marketing automation