データが保存されるディスクは RAID-5やミラーで構成するため、データが保存されたディスクドライブ障害時に故障したディスクドライブを新しいものに交換すると、RAIDで構成されているため データを 損失することなく復元することができます。万一 OSがインストールされたディスクドライブが故障して起動できない場合、OSを再インストールしなければなりません。今回の記事はバッファロー NASに Windows Storage Server 2012 OSを再インストールする方法をご紹介します。

OSがインストールされたディスクもミラーで構成されているため、2つのディスクドライブが同時に故障しなければ OSを再インストールすることはありません。

* * OSを再インストールする場合、保存されたデータは失われることもあるため。OSを再インストールする前に必ずバックアップを取ってください。

バッファロー NASを購入すれと復元用 USBメモリが一緒に提供されます.


NASの OSを再インストールするには先にNAS装備の電源を切って復元用USB メモリをNASのUSB 2.0ポートに接続した後、起動デバイス選択スィッチを HDDからUSBに設定します。

NAS 装備の電源を入れると接続した復元用USBメモリで起動を始めます。OSの 再インストール状態はNASの全面にあるLED画面で確認することができます.


復元されるまではしばらく時間がかかります。復元が完了するとバッファローNASの電源は自動的に切れます。電源が切れたらNASに接続した復元用USB メモリを取り外した後、NASの裏側にある起動装置選択スィッチをUSBからHDDに変えて電源ボタンを押して起動します。初めに起動する際は起動に少々時間がかかります。

NAS装備の起動が完了すると”ピー”という音が出ます。NAS装備に IP設定をしたBUFFALO NAS Navigator2 プログラムを実行するとNAS 装備を自動的に検索しますが、既存の使用していたIPはそのまま設定されています.

IPを確認後、リモートデスクトップに接続します。

リモートデスクトップに接続後、ディスク管理者で”ボリューム復元”をクリックするとデータが保存されたディスクの復元を開始します。

ボリュームの復元が完了したら、Dドライブに保存されたデータを確認することができます。フォルダに対する共有設定とユーザーIDを作成して再度共有権限を設定しなければなりません。

NAS設定が完了後、SECUDRIVEプログラムをインストールすると復元が完了します。

mautic is open source marketing automation