いつもお世話になっております。
SECUDRIVEより弊社製品情報をご案内します。

———————————————————————
━ 最新記事のご案内 ━
———————————————————————
●RSAカンファレンス2014参加

[先月24日から28日までアメリカサンフランシスコで開かれたRSAカンファレンス2014に参加いたしました。]
RSAカンファレンスは世界最大のセキュリティカンファレンスであり、開催期間中全世界からセキュリティ関係者やセキュリティ業界から最新技術とトレンドを発表、共有する場です。また、400余りのセキュリティ業者から新製品が出品され、3万名の訪問客へ最新製品を紹介し、事業機会を発掘します。

詳細情報は弊社Facebookページよりご覧いただけます。
https://www.facebook.com/secudrivejapan

●内部情報流出による被害は致命的な被害になる可能性があります。

[情報流出事故が発生すると流出の原因を把握するのは非常に難しいです。また、企業のイメージは長期的に被害を受ける可能性もあります。]
ファイルサーバーなどを通じて機密資料を共有している企業であれば情報流出事故の被害はより大きくなる可能性があります。もちろんファイルサーバーは業務面では非常に有効なツールです。データを共有でき、これを通じて協同作業を行うことも可能なため業務的に便利な点が多いです。しかし現在のファイルサーバーシステムはデータ監視機能やセキュリティ、保護のような機能がないため問題が発生する可能性があります。
そこでネットワークドライブに接続されたファイルサーバーにコピー防止技術を適用するファイルサーバー保護製品であるSECUDRIVE File Serverをご紹介します。

【詳細はこちらから】→ http://www.secudrive.jp/archives/15866

● Gmailを利用したディスク障害情報の通知設定方法

[WindowsのイベントをGmailを利用してEメールで送信するように設定すると簡単に構成することができます。]
Windows OSにはイベントビューアーというものがあります。イベントビューアーはシステムで発生する障害やエラーのイベントを確認することのできるメニューです。システムに重要なイベントが発生したかをいちいちメールシステムにログインして確認するのは大変です。Gmailを利用したディスク障害情報の通知設定方法をご紹介します。

【詳細はこちらから】→ http://www.secudrive.jp/archives/13033

———————————————————————
━ 製品動画のご案内 ━
———————————————————————

SECUDRIVE USB BasicはAES256ビットのハードウェア暗号化チップにより保存される全てのデータを自動的に暗号化します。ユーザーはパスワードを入力することによりデータが保存された保護領域にアクセスすることができます。
製品紹介動画で使用方法をご確認いただけます。

●SECUDRIVE USB Basic → http://www.youtube.com/watch?v=NlSGzi1JYh0

※ページを開くと自動で動画の再生が始まります。

———————————————————————
━ 体験版のご案内 ━
———————————————————————

高機能のSECUDRIVE製品については、購入前に実際に使用してみたいというご要望をいただくことがあります。 そこで、企業での利用をご検討中のお客様のために製品の体験版サービスを承っております。なお、ハードウエア製品の体験版は在庫の関係で製品のご提供にお時間をいただく場合がございますのでご了承ください。

製品の体験版は以下のリンクよりお申込みいただけます。

体験版申し込み

今後も、より多くの情報を皆さまにお伝えできますよう努めて参ります。
引き続きご愛顧の程よろしくお願いいたします。

■「SECUDRIVE」について
詳細URL : http://www.secudrive.jp/

■お問い合わせ先
株式会社クオーレ(SECUDRIVE総代理店)
〒144-0051 東京都大田区西蒲田6-36-11 西蒲田NSビル7F
TEL : 03-3730-2441
E-mail : secudrive@cuore.jp
セキュドライブ担当) 阿部

mautic is open source marketing automation