著者: Judy

技術が発達し、情報交流活動が頻繁に行われる昨今、インターネットでの不正行為もだんだんと増加しています。

どのユーザーでも一度くらいはソフトウェアを不正にクラッキングしてアップロードされたサイトに接続した経験があるのではないでしょうか。

このような不法サイトなどはクラッキングされたプログラムを安価で販売したり、無料で共有するなどのサービスを提供しています。

最近では各種サイトのデータを使用する際、ユーザー登録を要求しない場合が多いため、このようなデータへのアクセスが簡単になってきています。
必要なソフトウェアを探してダウンロードするとクラッキングされたバージョンとキーが提供されます。

米国ではSOPA(Stop Online Piracy Act)という法が論議をされたことがあります。
これはオンライン上の著作権侵害やインターネット上の模造品の密売に対応するために米国の法執行能力を拡張しようというもので、例えば特定のウェブサイトやブログでこのような法を侮辱した場合、インターネットサービス業者や決済システム、広告ネットワーク、その他を対象に該当のウェブサイトへのアクセスを禁止することができます。

このような水準の検閲は議論の対象になりました。
なぜならこの法案は表現の自由を侵すものであり米国の第一修正案に違反するものであったためです。

この法案は通過しなかったため、現在もインターネットは何の制約もなしに機能しています。そして不法な多くの取引も同様に絶えず行われているのです。

こんな中、最も被害を受けるのはソフトウェア開発者です。
開発者たちはプログラムを作成するために長い時間と労力を注いだのにユーザーが少し探せば簡単にウェブサイトから無料でソフトウェアを得ることができてしまうからです。

それでは自身が開発したプログラムをこのような不法な取引から保護する方法はないのでしょうか?

このような顧客の要求に応えるためブレインズスクエアはSECUDRIVE Software Copy Protection製品を発売しました。
この製品は不法なソフトウェアコピーやダウンロードを防止することができるソリューションです。

2048ビットRSAアルゴリズムを使用して公開鍵と秘密鍵を作成し、秘密鍵はUSBトークンに保存され、外部へ流出されることを防ぎます。

ソフトウェア開発者がUSBトークンを提供しなければユーザーはソフトウェアを使用できません。
プログラムソースを使用する開発者やユーザーが直接プログラムを開発した場合、SECUDRIVE Software Copy Protectionが提供するAPIを使用してプログラムコーディング段階から実行ファイルを保護することができます。

実行ファイルのコードセクションやデータセクションはすべて暗号化され公開鍵と秘密鍵が一致した際にのみプログラムを実行することができます。

このソリューションをソフトウェアに適用すると該当のソフトウェアが不法な取引を行うサイトにアップロードされても心配いりません。

インターネットにプログラムがアップロードされることを阻むことはできませんが、トークン鍵がない限りユーザーがプログラムを使用することは不可能です。

原本リンク: http://www.secudrives.com/archives/20079/

mautic is open source marketing automation