著者: Judy

業務環境で社員の個人デバイスの使用を許可するBYOD(Bring Your Own Device)企業が増加し、多くの企業がこれまでになくデータ保護を懸念していることがわかりました。

企業が自社の社員や、協力企業を信頼しなければならないのはもちろんですが、それと同じくらいデータの流出防止対策を確立しなければならないというのも事実です。そうでなければ企業になぜ情報公開禁止協約書のようなものが存在するのでしょうか?

ミスや意図的に内部情報の流出が発生しうるという懸念を一度もしたことのない企業など存在しないでしょう。

ひとたび情報流出事故が発生すると流出の原因を把握するのは非常に難しいです。また、企業のイメージは長期的に被害を受ける可能性もあります。

特にファイルサーバーなどを通じて機密資料を共有している企業であれば情報流出事故の被害はより大きくなる可能性があります。もちろんファイルサーバーは業務面では非常に有効なツールです。
データを共有でき、これを通じて協同作業を行うことも可能なため業務的に便利な点が多いです。

しかし現在のファイルサーバーシステムはデータ監視機能やセキュリティ、保護のような機能がないため問題が発生する可能性があります。

このような問題点を解決するために様々な論議が飛び交い、これを通してファイルの暗号化、ファイルサーバーの物理的隔離、アンチウイルスソフトウェアなどのようなソリューションが提示されました。

しかしこのようなソリューションは偶発的なデータ流出に対してのみ抑制することができます。万一誰かが意図的にデータを流出しようとしていたらこのようなソリューションをいくら使用したからといっても企業がそのようなセキュリティの脅威をどのように防止できるのでしょうか?

よって最も重要なことは潜在的なデータ脅威を予め遮断し、これに対応するための準備姿勢を整えることです。このような企業の問題点を解決するためにBrainzsquare社はファイルサーバー保護製品であるSECUDRIVE File Serverを発売しました。

コピー防止技術でファイルの不正コピーや流出を遮断
この製品はネットワークドライブに接続されたファイルサーバーにコピー防止技術を適用することで管理者は登録されたユーザーがファイルサーバーのファイルをローカルディスクドライブやその他のリムーバブルデバイスに保存することを防止します。

また、画面キャプチャー防止や印刷防止機能も提供されます。よって適切な権限がなく、意図的またはミスによりファイルサーバーのデータを外部にコピーして配布しようとした場合、このような動きはすべて遮断されます。

ユーザーに配慮したインターフェイスでファイルサーバー設定の管理が容易
一般的な企業のセキュリティ管理者は複雑で使用が難しいセキュリティ製品を敬遠する傾向がありますが、SECUDRIVE File Serverは既存のファイルサーバーにプログラムをインストール後、サーバー情報を入力するだけで自動的に現在のファイルサーバー情報 (ユーザー、共有フォルダ等)を認識し、設定の際に該当の情報を使用することができます。

また共有フォルダに対するセキュリティポリシーの管理とユーザー別コピー防止設定を通じてファイルサーバーのデータを安全に保護することができます。

原本リンク: http://www.secudrives.com/archives/19731/

mautic is open source marketing automation