著者: Judy

クラウドサービスは便利にデータを管理でき、近年人気を得ています。場所に関係なく素早くデータへアクセスでき、共有も可能で共同作業が行えるといった点でユーザーから支持を得ています。しかしこのような利便性には大きな問題があるとこのサービスを利用した企業たちが問題点を認識し始めています。

IT企業のうち約55%程はクラウドサービスの使用を禁止しているという事実を知っている人は多くないでしょう。BYOD(Bring Your Own Device )のようなポリシーは二の次にしても、現在のクラウドサービスでの基本的なセキュリティ形態は大切なデータを扱う企業の期待には全く応えられていないというのが現実です。クラウドサービスを企業の業務手段として利用する場合、考慮しなければならないセキュリティ関連の危険要素があります。まず、

クラウドサービスは特定のユーザーがファイルを編集した履歴を追跡することが難しいです。管理者は監視システムが構築されていない状況でクラウドストレージに保存されたファイルの編集履歴を確認することができません。また、データ所有権限に対する問題もありますが、一部のクラウドサービスは契約条項にクラウドに保存されたデータが顧客でなくサービス提供業者の所有だと規定し、クラウドストレージに対するアクセス制御をほぼ行っていない場合もあります。データに対するアクセス制御と監視システムがなければ権限のある正常なクラウドストレージアカウントを持つ者ならば誰でもデータの閲覧、ローカルPCへコピー、保存することができてしまいます。これが結果的に不正なデータコピーや内部情報の流出へ繋がる危険性は高いです。

一部のクラウドストレージサービス業者には暗号化サービスを提供する場合もありますが、現在NSAとエドワードスノーデン氏に対する調査が続く中、クラウドストレージのセキュリティの危険性が増幅し、サービスのユーザーたちはクラウドストレージ業者から提供される暗号化サービスは結局業者が複合化できてしまうかもしれないと懸念しています。Information Weekの記事ではNSAの監視プログラムであるPRISMにより米国のクラウドストレージ業者は50兆程度の損害を受けるとされています。企業顧客がクラウドストレージに対する不信感を持つようになり、業務と関連したクラウドストレージの使用を禁止することも考えられるためです。

しかしこのような企業顧客に朗報があります。クラウドストレージを便利に使用しながらデータを安全に保護できるソリューションであるSECUDRIVEがあるからです。SECUDRIVEが提供するPortable Desktop for Dropbox USBメモリはBrainzsquare社が開発した企業顧客向けの携帯用セキュリティソリューションであり、比較的手頃な価格で顧客に効果的なセキュリティソリューションを提供しています。本製品は使用に便利なインターフェイスと制御機能を提供し、管理者はソフトウェアをインストールしてDropoxアカウントを認証後、ユーザーが使用するPortable Desktop for Dropbox USBメモリを登録するだけで使用の準備が完了します。

管理者はManagerプログラムを使用して暗号化や同期化、印刷制御、セキュリティポリシーと登録されたUSBメモリに対するフォルダへのアクセス権限などを設定することが可能です。また、管理者は詳しいイベントログを閲覧することもできます。これを通して利用されたUSBメモリのユーザー名、シリアルナンバー、トークン情報、使用日時などを確認することができます。詳細なイベントログはリアルタイムで記録され、ネットワークを通じて管理者プログラムへ送信されます。管理者が社員にUSBメモリをオフラインで使用できるように許可した場合、オフラインで使用した履歴は社員のUSBメモリに記録され、USBメモリがサーバーに再度接続されるとログは管理サーバーに送信され管理者がこれを確認することができます。

イベントログはファイルの使用内容や事後監査のために使用でき、管理者はリアルタイムでこれを確認することができます。ユーザーはPortable Desktop for Dropbox USB内の仮想空間を通じて指定された共有フォルダにのみユーザーがアクセスすることができます。Dropbox Appと仮想デスクトップで使用されるすべてのデータはUSBメモリ内で暗号化されローカルPCに使用履歴を残さないので安心して使用することができます。また、ユーザーはDropbox AppにあるファイルをホストPCやその他のリムーバブルデバイスにコピーすることができないので不正なファイルコピーや流出を防ぐことができます。

SECUDRIVE Portable Desktop for Dropboxは企業の重要なデータを保護するために最適なセキュリティ製品であり、クラウドストレージの効率を下げずにデータを安全に保護することができます。

原本リンク:http://www.secudrives.com/archives/20065/

mautic is open source marketing automation