リモートデスクトップ(以下RDP)環境やVDI環境ではローカルPCのUSBデバイスをUSB Redirection機能で遠隔地のPCに接続するのと同じように使用することができます。このようにUSBメモリをネットワークを通じてRedirectionするRDPやVDI環境でSECUDRIVE USB BASICメモリをどのように使用するのかご紹介します。

この記事ではRDP環境で使用できるFabulaTech社のUSB for Remote DesktopプログラムでローカルPCのUSBデバイスを遠隔地のPCで Redirectionします。

USB for Remote Desktopプログラムはサーバープログラムとワークステーションプログラムで構成されています。まずローカルPCにワークステーションプログラムをインストールしてRDPで接続する遠隔地のPCにサーバープログラムをインストールします。

ローカルPCにSECUDRIVE USB BASICメモリを接続後、USB for Remote Desktopワークステーションプログラムを実行するとSECUDRIVE USB デバイスが表示されます。

USB for Remote DesktopワークステーションプログラムでSECUDRIVE USBを選択し、Redirectボタンをクリックします。

リモートデスクトップでPCに接続後、USB for Remote Desktop Serverプログラムを実行するとローカルPCで共有したSECUDRIVE USBメモリがUSB for Remote Desktop Serverプログラムに表示します。

リモートデスクトップでマイコンピュータを実行するとローカルPCに接続したSECUDRIVE USBがリモートデスクトップに接続PCに直接USBメモリを接続したようにリモートデスクトップのマイコンピュータに表示します。

[fancy_header]管理者権限でログインプログラムを実行[/fancy_header]

SECUDIRVE USBメモリのログインプログラムを実行します。ログインプログラムをクリックするとプログラムが実行されません。ログインプログラムは “管理者として実行”で実行する必要があります。USBメモリが接続されたPCで直接USBメモリを使用すると管理者権限なしにログインプログラムが実行されますが、RDPやVDI環境では管理者権限が必要です。

SECUDRIVE USB BASICのログインプログラムが実行されたらパスワードを入力してログインし、保護領域を使用できます。

[fancy_header]SECUDRIVE Assistant Serviceプログラムでログインプログラムを実行[/fancy_header]

ログインプログラムを毎回管理者権限で実行すると面倒なだけでなく、PCにログインしたIDが管理者権限でない場合、毎回管理者権限のあるIDとパスワードを入力しなければならず不便です。SECUDRIVE Assistant Serviceプログラムを遠隔地のPCにインストールするとRDP環境で SECUDRIVE USBのログインプログラムを管理者権限なしに実行できます。

SECUDRIVE Assistant Serviceプログラムのインストール方法はこちらをクリックしてください。

遠隔PCにSECUDRIVE Assistant ServiceプログラムをインストールするとSECUDRIVE USBメモリのログインプログラムを管理者権限なしで実行でき、SECUDRIVE Assistant Serviceの自動実行機能を使用するとSECUDRIVE USBメモリが接続されるとログインプログラムが自動実行されます。

SECUDRIVE Assistant ServiceプログラムはSECUDRIVEで販売しているすべてのUSBメモリに対応しています。

mautic is open source marketing automation