我が社にもデータをファイルサーバーに保存して使用しています。PCに 1テラバイトのディスクを複数枚インストールし、ミラー(mirror)で構成して使用中です。ファイルサーバーの管理をされている方なら Raid構成をしていても不安を隠せないことでしょう。
Windows OSにはイベントビューアーというものがあります。イベントビューアーはシステムで発生する障害やエラーのイベントを確認することのできるメニューです。システムに重要なイベントが発生したかをいちいちメールシステムにログインして確認するのは大変です。Windows サーバー2008では特定のイベントが発生した場合に該当のイベント内容を Eメールで送信してくれるとても便利な機能を提供していますが、イベントをメールで送信するには再度 SMTPをインストールするなど、考慮しなければならない点が多数あります。Windowsのイベントを Gmailを利用して Eメールで送信するように設定すると簡単に構成することができます。

Step1:サーバーへ SMTP デーモンをインストール
Step2:SMTP デーモンの設定
Step3:イベントビューアーで Eメールで送信するイベントの選択
Step4:イベント発生時、Eメールで送信するように設定
Step5:TEST メールの送信

Step1: サーバーへ SMTP デーモンをインストール
1. サーバーマネージャーを実行して、”機能の追加”をクリックします。

2. 機能の中から “SMTP サーバー”を選択します。

3. サーバーに必要な役割サービスをインストールしなければならないというメッセージが表示されたら “必要な役割サービスを追加”ボタンをクリックします。

4. インストールボタンをクリックしてインストールを開始します。

5. SMTP サービスのインストールが完了しました。

Step2:SMTP デーモンの設定
1. SMTP サービスがインストールされたら IIS 6.0 管理者画面が実行されます。

2. SMTP Virtual Server で右クリックし、“プロパティ”メニューをクリックします。

3. プロパティメニューの中の全般タブで IPアドレスをサーバーの IPアドレスに選択します。

4. アクセスタブの中継の制限で “中継”ボタンをクリックして下の画面のように設定します。

5. 配信タブの “送信セキュリティ”ボタンをクリックし、下の画面のように設定します。ここで Gmailのユーザー名とパスワードを入力します。

6. “送信接続”ボタンをクリックし、TCPポートを “587″に修正します。

7. “詳細設定” ボタンをクリックし、スマートホストに Gmailの送信サーバーのアドレスを入力します。

8. サーバーの SMTP 設定は完了しました。

Step3:イベントビューアーでメールで送信するイベントの選択
サーバーに何か問題が生じるとイベントビューアーに該当の内容が表示されます。ディスクにエラーが起きた、認識できないなどなど・・・
このようなイベントはエラーが起きる前まではイベントを区分できる IDや内容を確認することができません。そこで我々は Raidで構成されているハードディスクドライブのケーブル(SATA ケーブル)を除去し、どのようなイベントが出てくるか確認してみました。

下の画面は Raid 1で構成されたディスクドライブの中のケーブルを 1つ除去した際に発生するイベントです。

イベントの IDや内容が違うとイベントが発生してもメールが送信されないかもしれないので他のディスクも同じイベントが発生するのか一度除去します。

Step4:イベント発生時、Eメールで送信されるように設定
Step #3で ディスクエラー時に発生するイベントを確認したら該当イベントが発生した際に Eメールで送信されるように設定します。
1. イベント管理者からメールで送信するイベントを選択し、“このイベント作業にタスクを設定”をクリックします。

2. 基本タスクの作成画面が表示されます。“名前”の部分は適当に入力します。

3. イベントを選択したので次の画面で項目を修正できません。“次へ”ボタンをクリックします。

4. 下の画面で “電子メールの送信”を選択します。

5. 差出人のアドレス、送信先のアドレス、メールの件名と本文の内容を入力し、SMTPサーバーには “Localhost”と入力します。

6. 設定が完了しました。

Step5:TEST メールの送信
イベントが発生した際、本当にメールが送信されるのかテストします。

1. タスクスケジューラーを実行します。

2. イベントビューアータスクを選択すると、先ほど登録した作業が右の画面に表示されます。登録した作業を選択後、“実行”ボタンをクリックします。

3. メールが送信されたか確認します。メールが送信されるには多少の時間がかかります。

SECUDRIVE Content Guard リリースノートCategories: SECUDRIVE File Server, SECUDRIVE NAS

mautic is open source marketing automation